RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.08
04
CM:0

00:00
Category : 旅行
少し前になりますが、7月の連休に久しぶりに家族旅行しました。
夜に徳島を出て愛媛の八幡浜からフェリーに乗り九州へ。
大分、宇佐、別府、延岡、高千穂、竹田と移動した今回の旅、盛りだくさんでした。
3日間で約900km運転しました。
娘的には大分の水族館「うみたまご」が良かったそうです。良く考えられて設計されていて大人も楽しめました。

今回のメインは高千穂峡周辺。
レンタルボートは自分で漕いで滝の近くに寄れるのが楽しかったです。
神話にでてくる天岩戸や国見ヶ丘の日の出も素晴らしかったです。

宇佐の宇佐神社(本殿は国宝)はとても立派でしたし、
ラムネ温泉館(藤森照信設計)の炭酸風呂もすごく良かったです。

DSC_0042_20170804020155f0d.jpg

DSC_0048.jpg

DSC_0217-2.jpg

DSC_0340-2.jpg

DSC_0357.jpg

DSC_0387.jpg

DSC_0388.jpg

DSC_0389.jpg
::more
スポンサーサイト
2017.06
26
CM:0

21:13
Category : 住宅
建物は2間半の細長い住宅。

敷地も細長く左右の隣地建物が境界ギリギリまで迫っているので自然光と通風のために
1坪の光庭を取ってます。
ABE15.jpg

オープンスカイ
ABE16.jpg

1階の親世帯にも自然光と通風を確保
お施主さんが選んだ椅子に合わせてテーブルとベンチを設計しました。
ABE30.jpg

この階段の写真が気に入ってます。
ABE26.jpg
2017.06
23
CM:0

23:51
Category : 住宅
引き渡し間際の2世帯住宅の竣工写真を撮りました。
市街地の細長い敷地だったので設計も現場も工夫が必要でしたが、良い感じになったかと思います。
今回、徳島インテリアコーディネーター協会メンバーと一緒に家具やカーテンなども提案させてもらったので
引き渡し前にすでに入ってます。
家具などが全体の雰囲気に合うとよりイイですね。

採光や通風を確保する光庭(中庭)もまたアップできればと。

abeDK 2
2017.04
11
CM:0

12:44
Category : 建築
設計・監理させていただいた鳴門の調剤薬局が竣工しました!
隣地にある新築したクリニックや周辺と馴染ましつつ存在感があるように考えました。
内部は落ち着いた感じになってます。
実施図面作成開始から竣工まで5ヶ月掛かってないので、かなりの短期間で出来ました。
やり切った感はあります。

000-0.jpg

000-1.jpg

000-02.jpg

001_201704111241399e8.jpg

002_201704111241429cd.jpg

003.jpg

004.jpg

005.jpg
2017.01
22
CM:0

18:03
Category : IC
image2-2-637x450.jpg

高松でインテリアコーディネーター(IC)のカリスマお二人のトークセッションがあったので参加してきました。
全国から多くのICさんが集まりすごい熱気でした!
定員はすぐに超えたので枠をふやして80人以上集まったそうです。

その日は懇親会があり3次会まで参加したのが25人ぐらいいて2時まで飲んでました。
皆さん元気。その日は高松泊。
次の日は自然住宅『弾』さんのサロン見学、山田屋で讃岐うどん、ジョージナカシマ記念館見学の
プチツアーもあり、いろんな方と交流ができました。

ジョージナカシマ記念館は前から行きたいと思いながら行けてませんでしたが、
しっかりとした解説して下さる方がいて、こちらもすごく良かったです。


いろいろと学びがありましたが、『インテリアの力を伝える』ということが特に強く心に残りました。

普段は建築設計を主にしていて、建築にまつわる造作家具などのインテリアは設計はしますが、
それ以外の置き家具やカーテンなどについては、建築主さんの好みにお任せしていて、
アドバイス程度であまりICらしいことはやってませんでした。

建築もそうですが、インテリアも幅が広くて実際のところなかなかそこまで関わることが
できなかったのも正直なところです。
ですが、建物が完成するだけではなく、
インテリアがあって生活の始まりとなるのでインテリアも含めたトータルで
デザインやコストを考えることが、より建築と合った快適な心地よい空間につながると思いました。

ですので、今後はそういった提案が出来る仕組みづくりをやっていけたらと考えてます。


住まいには「衣・食・住」とありますが、家庭科で「住」だけは習わないというのを聞いたことがあります。
よほど好きな人以外は知識がない方が多いと思います。
住まい手の好きなものだけを選ぶとバラバラになってしまうこともあるので、
そこは好みを知った上で専門家としてのプロ目線で全体のバランスを考えて提案することが大切だと思います。


振り返ってみると僕が生まれ育った場所は、両親がやっていた家具小売店だったので
インテリアにはもともと関係が深いような気が勝手にしてきました(笑)

発信していくことの大切さも学ばせてもらったので今後も発信していけたらと思います。