FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.12
18
CM:0

18:16
Category : 日記
しばらく前からですが、一眼レフで写真を撮るのが楽しいです!

最初のきっかけは、
設計させてもらった建物を自分できれいに撮れればいいな、というところから始まりました。

撮影のプロに頼むのも良いのですが、天気や日程など、どうしようもないこともあったり、
設計者視点でしっかり撮ることにより自分の設計へのフィードバックにもなるかと思いました。


いろんな写真を撮っていて感じたことは、
天気や空、光、風など今までの視点と違った目で見るようになり、
小さな変化をとらえる感覚が磨かれた気がします。

それに眼鏡を掛けていてもそこまで見えている訳ではないので、
写真にすると細部まで写っていて、あらたな気づきがあります。
主観と現実の違いも。

さらに、写真を編集するとより細部まで頭に残ります。
ブログを書くと内容がより記憶に残るのと同じようなものです。


いろんなところから、より感動を掴み取れる気がしてカメラってすごく良いなと。

今のところ身近な風景写真が多いですが、旅行に行った時にでもいい写真が撮れればと思います。


通っていた写真教室をきっかけに、インスタグラムを最近始めましたが、
(ユーザーネーム shimada.531)
画角のサイズ感が違うので、ブログ写真とはまた印象が変わります。
ブログでもすこしづつ違ったカタチで上げていけたらと思いました。

インスタグラムで他の人の素晴らしい写真をみるのも楽しいです。


自分で撮って気に入ったのを少しアップします↓


20181214-700_6796.jpg
ふたご座流星群の流れ星。雲のあいまから流れたのをとらえました。


20181213-700_6466.jpg
吉野川と眉山の上空に、冬の大三角とオリオン座。


20181202-700_6132.jpg
神山の雨乞の滝。建築士会のイベントで神山に泊まったので、早起きして撮影に。


20181123-700_5698.jpg
日の出と鉄橋。吉野川の四国三郎橋の上から汽車と合わせて撮影。


20181123-700_5772.jpg
朝日と鉄橋と小舟。雲の隙間の朝日と吉野川の反射が良かったです。


どんどん撮っていると少しずつ上手になってる気がします。
これからもいろんなものを撮っていきたいです。




スポンサーサイト
2018.11
18
CM:0

11:42
Category : 日記
石井町にある『武知家住宅』を見学させてもらいました。
とても立派な藍屋敷です。
国の重要文化財に登録されることが決まってますが、一般公開はしばらく先のようです。

座敷や庭などは撮影不可でしたが、とても素晴らしかったです。
贅沢な造りだけどコッテリしてなくて上品なしつらえがいいなと思いました。

20181117-DSC_5147.jpg

藍を寝かすところを寝床(ねどこ)といいます。農家では納屋ともいいますね。

20181117-DSC_5145.jpg


今更ですが、最近『instagram』を始めたので正方形の構図も考えています。
「shimda.531」で検索すれば出てくるかと思います。良かったら見て下さい。

20181117-DSC_5134.jpg

いつも広角で広く撮るのが好きでしたが、この画角で考えるのも楽しいなと感じています。
気軽に投稿できるのもいいです。



ついでに近所の『田中家住宅』も見学させてもらいました。こちらも重要文化財です。
前に来たときには見学することが出来なかったので良かったです。丁寧に説明もしてくださいました。

20181117-DSC_5160.jpg

これは井戸の水をくみ上げる天秤のようなものです。先の台風で壊れたそうですが。

20181117-DSC_5155-2.jpg

両方ともに所有者が住みながらの重要文化財登録です。
維持管理など大変だと思いますが貴重な文化財なので長く大切にしてもらえたらと思いました。

2018.10
18
CM:0

00:22
Category : 住宅
以前に設計監理させていただいた徳島市内に建つ2世帯住宅の外観写真です。
けっこう前に撮っていたのですが、アップできてなかったので説明も加えて載せたいと思います。

abesoto w70 K240

このあたりは建物密集地域で敷地はかなり細長い形状です。
前面道路が北側にあるので玄関も北側になります。(写真の外観)
建物正面幅は2間半の間口で、910×5=4550mm です。
使い勝手からもう少し全体幅を広げることも考えましたが、敷地の形状や配管などの関係から厳しかったです。
(敷地が多少斜めになっていて奥で狭くなっている部分もあります)
更地ではなく建替えだったので、どうしても測量の精度が落ちるので、敷地と建物の設定はだいぶ考えました。

あとは全体コストの観点からで、
延べ面積の増減が建築費にある程度比例するので、要望の予算としては抑えたいところもありました。
その代わり、2階キッチン収納部分の壁を一部外に広げたりと必要なスペースを確保する工夫はしました。

敷地北側外部は、車1台と駐輪スペースとなります。
駐輪スペースはコストを抑えながらも正面なのでデザイン性のあるものと考え、支柱を建ててテントを掛けてます。
雨がサイドに流れるように紐で引っ張ってますが、その形状がアクセントになっていて気に入ってます。

北側開口部は、通風のためとプライバシーを保ちつつ目線が抜けるよう配慮してます。
前面道路は車の通行が多いので、防音にも配慮した部屋の配置です。
採光と通風は建物の中心にある2層吹抜けの光庭(外部)と南側の開口でも確保しています。

この地域は防火サッシに網入りガラスが必要ですが、これが意外と値段が高いです。
なので、光庭を防火壁で囲い込むことにより、一般サッシ+透明ガラスでも大丈夫になります。
コストが抑えられて、透明ガラスなので内部居室とテラスの一体感を得られるので広がりも感じられます。
耐震上も壁がつながるので有利になります。
延焼ラインの上部からの回り込みという細かな市役所の指摘もありましたが、そのあたりも
デザインなどをそこなわない工夫でコストを掛けず対処しました。

外観デザインでいうと二世帯住宅で玄関引き戸が2枚並んでいるのはすっきりとしたものにならないので
玄関戸をL型に配置してバランスを取ってます。
同じくL型の庇が深めに掛かっているので雨の日の出入りもしやすいです。
車のドアを空けたときにも出来るだけ濡れないように中心にある庇は手前に張り出しています。

ちなみに2世帯住宅の規定では内部に世帯間の繋がるドアが必要です。
それが無いと共同住宅という扱いになってしまいます。

3階建てのように見えますが2階建て+小屋裏空間となってます。
木造で3階になると防火上の法律の基準が厳しくなり工事費が増えますし、
耐震上できるだけ建物高さを低く抑えたいという考えもありました。

こうして振り返ると敷地と機能、法律、コストなどけっこう理詰めで決まっていった
ように思います。すべてに何か理由があります。
もちろんいろんな要望もあったので組込みながら打合せもしっかりさせてもらいました。

いつも機能があってのデザインだと思ってますが、この住宅は特にそう思いました。


長々と書きましたが、また気がついたところで修正、加筆していきます。

内容を整理できるので、また他の建物の説明もたまに書いていきたいですね。


2018.09
11
CM:0

00:25
Category : 日記
母親に誘われて「第10回あさんウォーキングフェスタinいたの」に娘と一緒に参加してきました。
高松自動車道4車線化記念事業として今回のみ開通前の自動車道の一部がコースになってました。

あすたむらんどスタートで登り下りのある10kmのコースでしたが、
娘は「しんどい」「疲れた」「足が痛い」などいいながらもきちんと完歩しました。
のんびり歩いて、風景を見て、写真を撮って、といい体験ができました。

トンネルの写真が気に入ってます。


20180902-DSC_3562-3.jpg

20180902-DSC_3475.jpg

20180902-DSC_3507.jpg

20180902-DSC_3511.jpg

20180902-DSC_3548-2.jpg

20180902-DSC_3553.jpg
2018.08
11
CM:0

18:45
Category : 日記
20180807-DSC_2760-2.jpg

20180807-DSC_2767.jpg

20180807-DSC_2875.jpg

20180807-DSC_2884-2.jpg

20180807-DSC_2915.jpg

20180807-DSC_3033.jpg


鳴門の花火大会に三脚かついで撮影に行きました。

わざわざ混むところには普段あまり行きませんが、
昨年末ぐらいから月に1回通っている、エミールの写真教室での課題が花火だったので
気合いを入れた次第です。
(写真教室は残念ながら今期で一旦終了みたいですが)

およそ1万発の花火、あっという間の1時間でした!

有料観覧席ではありませんでしたが、
かなり近い距離から撮影することが出来ました。

見上げるような近さで花火を見たのは初めてで、
次々と打ち上がる花火と音圧を体感し、とても感動しました!