RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
22
CM:0

18:03
Category : IC
image2-2-637x450.jpg

高松でインテリアコーディネーター(IC)のカリスマお二人のトークセッションがあったので参加してきました。
全国から多くのICさんが集まりすごい熱気でした!
定員はすぐに超えたので枠をふやして80人以上集まったそうです。

その日は懇親会があり3次会まで参加したのが25人ぐらいいて2時まで飲んでました。
皆さん元気。その日は高松泊。
次の日は自然住宅『弾』さんのサロン見学、山田屋で讃岐うどん、ジョージナカシマ記念館見学の
プチツアーもあり、いろんな方と交流ができました。

ジョージナカシマ記念館は前から行きたいと思いながら行けてませんでしたが、
しっかりとした解説して下さる方がいて、こちらもすごく良かったです。


いろいろと学びがありましたが、『インテリアの力を伝える』ということが特に強く心に残りました。

普段は建築設計を主にしていて、建築にまつわる造作家具などのインテリアは設計はしますが、
それ以外の置き家具やカーテンなどについては、建築主さんの好みにお任せしていて、
アドバイス程度であまりICらしいことはやってませんでした。

建築もそうですが、インテリアも幅が広くて実際のところなかなかそこまで関わることが
できなかったのも正直なところです。
ですが、建物が完成するだけではなく、
インテリアがあって生活の始まりとなるのでインテリアも含めたトータルで
デザインやコストを考えることが、より建築と合った快適な心地よい空間につながると思いました。

ですので、今後はそういった提案が出来る仕組みづくりをやっていけたらと考えてます。


住まいには「衣・食・住」とありますが、家庭科で「住」だけは習わないというのを聞いたことがあります。
よほど好きな人以外は知識がない方が多いと思います。
住まい手の好きなものだけを選ぶとバラバラになってしまうこともあるので、
そこは好みを知った上で専門家としてのプロ目線で全体のバランスを考えて提案することが大切だと思います。


振り返ってみると僕が生まれ育った場所は、両親がやっていた家具小売店だったので
インテリアにはもともと関係が深いような気が勝手にしてきました(笑)

発信していくことの大切さも学ばせてもらったので今後も発信していけたらと思います。
スポンサーサイト
2014.08
28
CM:0

23:19
Category : IC
松山・道後の子規記念館で谷尻誠さんのセミナーがありました。
開催中の道後オンセナートのアート作品見学付きです。
主催はインテリア産業協会四国支部
徳島インテリアコーディネーター協会メンバーで車を乗り合わせて参加しました。

onse1.jpg

講演メモ

問いを問うこと 5人で分けるピザの切り方は?問題提起
バスケット 3Pエリア1m離すとゲームが変わる
答えと問題 答えは一つではない
意識 みんなが意識してないことを意識する
   当たり前のことから見直す 違和感を設計
 例)駐車場にシャンデリア 今あるものを組み合わせるだけで新しいものになる
名前が機能を確定する→名前を取ってみる
 例)カフェとオフィス 何がオフィスを決定づけてるか?机と椅子とPCがあれば
行為が機能に変わる 最低限の要素があれば
 例)コップ 花を差せば?ペンを立てれば?
行為の関係性をみなおす つくらなくてもつくれる
 例)グラフィックから空間を作る しくみづくり
クリエイティブを数値化
プロセス シンプルなロゴ→情報が多い社会→ひとつを見る時間が短い
自然は変化を許容されている
翻訳
リアルは何をもってリアルか? アンリアルは何をもってアンリアルか?
自分がこうあったらいいというものをつくる
個人的なものが社会性をもつ豊かな社会

とても楽しい内容でした。何かに活かしていければと思いました。


セミナーのあとはグループに分かれてアート作品巡り×3室
道後にあるホテルの一室が作品になってます。宿泊することもできます。

草間彌生×宝荘ホテル「わが魂の記憶。そしてさまざまな幸福を求めて」

onse2.jpg

入口から期待させます(笑)

onse3.jpg

中はこんな感じで強烈です。
他にも和室は全部黄色のカボチャアートで、
縁側テラスはブラックライトの水玉部屋だったり、
収納の中も強烈だったり。。

まあ落ち着かない部屋でした(笑)
1週間 宿泊するとどんな精神状態になるのでしょうか?

次は
葉山有樹×ふなや「藍」

onse4.jpg

ここは普通に宿泊できそうです。
いい雰囲気でした。

最後は谷尻誠×道後プリンスホテル「Sketch」

onse5.jpg

油絵の中に入り込んだ不思議な感覚です。
まさにリアルとアンリアルの世界です。
とても気さくな方で、色々と質問もさせてもらいました。
貴重な体験で刺激を受けました!

onse6.jpg

谷尻さんの作品のなかで谷尻さんに徳島メンバーの集合写真を撮ってもらうという変な構図です。

2014.07
28
CM:0

22:21
Category : IC
徳島インテリアコーディネーター協会(TICA)の2014交流会+総会を行いました。

去年は8月だったので今年は少しだけ早くしました。

場所は川内にオープンした『カフェ ブボ セカンドハウス』で。

総勢27名の参加

倉庫を改装したカフェですが、その設計者のWrap今瀬さんにゲストとして参加してもらい
解説をして頂きました。

2014tica.jpg

FBにアップされていた全員写真ですが、
顔が出るのも問題かなと思うのでフォトショップで画像処理。
油絵風に(笑)

今年のテーマは
「楽しくてゆるいけど有意義で学びがある会を目指す」とさせてもらいました(笑)

4名も新入会していただけました!

よりよい会となればと考えています。


とりあえずは無事終えてホッとしてます☆
2014.06
05
CM:2

12:06
Category : IC
四国のインテリアコーディネーター(IC)新合格者を招いての
交流会が高松であり、徳島IC協会 会員3名で勧誘に行ってきました。

ですが平日の昼間高松ということもあって、そして欠席者もあり・・・
結局徳島からは新合格者1名の参加でした(涙)全体では20名ほど。

IMG_4913.jpg

まずはインテリア産業協会と各県IC協会の違いや今まで行なったイベントなどについて
の説明がありました。違いについては告知不足で知らない方がほとんどです。

各県、そして徳島IC協会は任意団体です。インテリア産業協会との繋がりは大きいですが。


IMG_4916.jpg

各県の協会活動報告とPR。徳島はとりあえず会長の僕がさせてもらいましたが、
すごく簡単なスライドで楽しくてゆるい会だということだけ短くアピールしました(笑)

徳島出身で松山在住の方は徳島に帰る予定があるので、
そのときは徳島の会に参加したいとのありがたい言葉もいただきました。

徳島からの1名も無事入会してくださることになりました。


そのあと丸亀でお寺の傾き修理の現場をみせてもらいました。

IMG_4920.jpg

水平をみながら各部位を3ミリづつぐらい調整していく地道な作業です。

IMG_4925.jpg


最後に設計させてもらった「高松のいえ」を外からだけでしたが、見に行きました。

IMG_4927.jpg

イイ感じになじんできてうれしくなりました。

今度はアポをとって訪問しようとおもいます。
2014.02
11
CM:0

19:08
Category : IC
前回に告知させてもらっていた、
夏水組のイベントは無事盛況で終えました。140人定員のところ満員以上で、
みなさんの感心の高い内容だったのだと驚きました。

イベントで協賛していただいた、
「ウォールペーパーハウス(WPH)」という輸入壁紙屋さん。

南新町で昨年の12月にオープンされましたが、そのプレオープンイベントとして
徳島インテリアコーディネーター協会がお呼ばれしてました。


そのときのようす

IMG_2850.jpg

張り方のコツなどを教えてもらって、

IMG_2854.jpg

壁紙張り体験もさせてもらいました。


DIYで簡単に張れるのが魅力的です。道具の貸し出しもしてます。

僕も事務所の机前面に貼ろうと考えていて、寸法を測って行ってましたが、
種類が多くて全部みることができなくて決めれませんでした。。
サンプルをみているだけでも楽しいです。

クロスの上に貼れて、剥がしても現状に戻せるので気軽に模様替えできます。
賃貸物件でも気にせず使えるようです。


ちなみに、こちらが夏水組の坂田さんプロデュースの賃貸物件リノベです。

IMG_2861.jpg

定番のウイリアムモリスの壁紙を使ってます。こちらもWPHさんの提供です。



お店は今のところ木曜日と土曜日しか営業してませんが、
また行きたいと思ってます。