RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.07
30
CM:0

23:02
Category : 未分類
nousonbutai.jpg
8月4日(土曜日)17時~19時に阿南で
農村舞台の人形浄瑠璃があります。
人間国宝の方もこられるみたいです。
おもしろそうなので行けたらいこうと思ってます。
入場無料 小雨決行です。
場所は阿南工業高等専門学校の南の
神社境内にあります。
学校の駐車場に係員がいて駐車できるみたいです。
スポンサーサイト
2007.07
30
CM:0

00:06
Category : テニス
土曜日の午後から石井で打合せがあり、
それが思ったより早く終わったので、テニスに行こうと
急いで大神子に行きました。
夕方でしたがカナリ暑く、汗だくになりました。
ラケットのガットは7ヶ月も張り替えてないことに気がつきました。
(しかもポリのガット)
思いっきり打っても勢いよく飛びません・・・
親指にマメができました。

後半ロングラリーをしていてふらっとなって、
左足首がグキってなりました。
そのときはあまり痛くなかったのですが。

飲み会があったので、早めに切り上げて家に帰り、
クレメントのビアガーデンに歩いていこうとしたら、
凄く痛くなってきて普通に歩きにくくなりました。
でもビールはテニスの後でしたので、とてもおいしく頂きました。

こんどの火曜の夜よりバスで木曽の方に行くことになっていて、
けっこう歩く事になりそうなので少し不安です。
阿波踊りもやばいです。

早く治さないと。
2007.07
29
CM:2

22:32
Category : 住宅
CASA-H.jpg
先日、小松島に行く用事があったので、
せっかくなので設計させて頂いたお宅を訪ねました。
周りは田園風景が広がり緑がまぶしい景色で、暑い日でした。
家の中にもすこし入らせてもらったのですが、
外とうって変わっていい風が入ってきて気持ち良く、
エアコンなしで快適でした。
奥様より、くつろげて満足しているとの言葉を頂き
すごく嬉しかったです。
ひとつひとつ積み上げていけるよう頑張ろうと気合いが入りました。
2007.07
24
CM:0

21:36
Category : 阿波踊り
bizan-.jpg
そういえば以前、やっと見てきました。
この時期のレイトショーだとさすがにガラガラでした。
宮本信子が阿呆連にいた設定だったので、阿呆連は沢山映ってましたが、
蜂須賀連は一瞬しか映ってなかったです。僕はまったくでした。
知っている人や水際公園、旧日赤病院などの
知ってる場所が映っているのは楽しかったです。

映画自体はまあまあでした。あまり盛り上がる場面がなく
眠たくなりそうでした。地元の人は楽しめますが。。

今年の阿波踊りは例年より観光客が多くなって盛り上がりそうですが、
僕自身は練習にあんまり行ってないので4日間参加するのは、
とても体力的にムリそうです。
初日と最終日になるかなと考えています。
2007.07
23
CM:0

19:15
Category : 住宅
garden.jpg
建築士会でガーデニングの見学会がありました。
NHK-BS番組の『素敵にガーデニングライフ』で放送された小松島のお宅に伺いました。
イングリッシュガーデンのような自然な趣をもった、
いろいろな花が咲く庭園づくりをしていて、
いつかはオープンガーデンを目指しているそうです。

オープンガーデンとは、1920年代にイギリスで始められたもので、
個人や団体の庭を日時を決めて一般に公開することであり、
入園料(多くは2~3ポンド=約400~600円)
などの収益金を集めて看護士の支援などの社会福祉活動に寄附する仕組みです。
公開される庭園の情報をまとめた本は、表紙の色から「イエローブック」と呼ばれ、
イングランドとウェールズの約3500カ所にも及ぶ公開庭園が掲載されています。
人々はこのガイドブックを持って各地の庭園を訪ね、美しい花や景観を楽しむとともに
庭園主や来園者と交流を行ないます。

日本でも全国各地でオープンガーデンのグループがあります。
徳島にはないですが、香川の善通寺市主催の「花と緑の祭典」というイベントで
「善通寺花へんろ」というオープンガーデン巡りがあったりもします。

いいなぁと思って、
もっとガーデニングなどに詳しくなりたいと思いつつも、
なかなかそこまではとても出来なさそうです。

いざ本格的なガーデニングをやりだすとすごく手がかかるみたいで、
園芸好きで時間のある団塊の世代がオススメだそうです。。
2007.07
20
CM:0

22:21
Category : 未分類
↓徳島掃除に学ぶ会のトイレ掃除にお呼びが掛かったので、
http://www.awa-souji.jp/index.html
平日でしたが蔵本に行ってきました。
掃除はボランティアではなく、あくまで掃除を通して学ばせていただく
ということです。
掃除のしかた、道具の使い方、時間配分、
気持ちの変化などたくさんの気づきがあります。
いくら説明しても実際やってみないと分からないコトです。

今回は蔵本球場の一塁側の小便器を主に担当しました。
ひたすら没頭して磨いたので、とてもきれいになりました。

夕方に徳島インディゴソックスの試合があったみたいで、
選手を数名みましたが、さすがにみんな大きく体格のいい人ばかりでした。
まだ一度も試合を見たことはありませんが・・・
ベンチ裏の扉が開いていてグラウンドの鮮やかな芝生の緑が見えて、
気持ちの良い風が吹き込んできて、とても爽快でした。

掃除が終わって蔵本から帰っている途中、
佐古の信号で赤になって右折の矢印が点灯したので、
旧道から帰ろうとそのまま減速せずに走っていると横断歩道の左側の死角から
とつぜん高校生くらいの男の子が自転車が飛び出してきました。
すごくビックリして急ブレーキをふみました。
なんとか少しコスるぐらいで自転車も転倒せず止まれました。
かなりヒヤッとしました。

フロントにスリ傷が付いたのは少しショックでしたが、
ホント事故にならずに良かったなと思いました。
0.2秒でもよそ見してたら確実にはねてました。
運転もっと慎重にしないといけないなと反省しました。
2007.07
19
CM:2

23:30
shikichi.jpg
土地を購入しました。
いろいろ事情がありまして、新築することになりました。

徳島市内を含め土地を探してましたが、
自分世帯+母+事務所ということで、
広さ、環境を優先し藍住にしました。
藍住は母の実家もあり親戚もいます。実は売り主さんも遠い親戚でした。
値段も安くしてもらいました。
場所は北環状線近くで、藍住・板野ICにも近いです。

いろいろ調べましたが、
藍住は土地が低いので建物は出来るだけ上げたいと思ってます。
150年に1度あるかないかの、吉野川本流が氾濫したときは諦めます。

これから計画するので、来年3月ぐらいまでには着工したいと思ってます。
2007.07
14
CM:0

22:22
Category : 住宅
sakanoue2kan.jpg

おっきな台風がきてます。
窓を打ち付ける雨音も激しくなってきました。

昨日から風邪を引いてしまい、のどが痛いです。
熱もすこしありそうなので、今日はずっと家で寝て、
「坂の上の雲」を読んでます。
まだ2巻の後半ですがだんだんおもしろくなってきました。

正岡子規はずっと病床に伏してどんな気持ちなのかなと
考えたりしてました。
2007.07
13
CM:0

00:28
Category : 未分類
ちょっと前に富田町2丁目にあるエンガワという店で、
高校時代の同じ部活だった同級生との飲み会がありました。
集まれたのは7名、久しぶりに会ったメンバーもいたので、
懐かしかったです。昔話に花が咲きました。
みんな基本は変わってないなと、とても楽しい時間がすごせました。

部活は陸上部でした。
僕は中学は高とび、高校は短距離&リレーをやっていてました。
話しているうちにいろんな記憶がよみがえり、
あぁ、そんなこともあったなと、盛り上がりました。
またこんな会をやりたいなと思いました。

エンガワは最近できた店で外観は平屋に外壁は竹で
和風なかんじの店です。
雰囲気もなかなかよく、ワインが豊富です。
料理もおいしく頂きました。
オススメです。
実は前の会社の同僚だったの方がされてます。
ぜひ、ご贔屓に。。。
2007.07
12
CM:0

23:45
Category : 阿波踊り
ウインブルドンもいつの間にか終わり、
ふと気がつくと、お盆まであと1ヶ月を切りました。
わが蜂須賀連は日によっては郷文前でも練習してます。
新しい太鼓や演出を見ましたが、
すごーくカッコ良かったです。
蜂須賀連の舞台を見るのはとてもオススメです。

僕はあまり練習に行けてないので、
来年、提灯を使わせてくれるかはまだ微妙なトコです。
みんな上手いので、まだまだだなと感じます。
2007.07
06
CM:0

01:09
Category : テニス
ウインブルドンが現在開催されています。
雨の影響でかなり日程が押してます。
テレビ放映してますが、まったく見てません。

ですが経過だけ追っかけています。
男子はベスト8が出そろいました。
umare.jpg
若手が出てきてるなぁとみてみると。
すべて80年代生まれです。
25歳前後と21歳前後に固まっています。
テニスのトップアスリートは20台前半なんだと、、、
自分の歳は考えないようにします。。

JG.jpg
ちなみに、ジョコビッチ(左)のラケットに付いている
ニコチャンの振動止めは僕も持ってます。
2007.07
06
CM:0

00:22
Category : 学び
7月01日(日)
次の日も朝5時に起きて体操などをして、
公民館に移動し食事研修をしました。
朝食づくりだったのでそんなに大変ではなく、
いろんな野菜を切ったりしたのは楽しかったです。
料理もやりだすとおもしろそうで、もっと食に対する理解を深めていきたいです。

朝食を食べ、片付け、掃除をして、
柳井白壁の町に移動しました。
shirakabe.jpg
白壁の町並みはよい雰囲気で楽しかったですが、
前日までの疲れと睡眠不足ですこしフラフラしました。
昼食を食べ、いよいよ準備してきたディベートでした。

テーマは「日本国憲法は改定すべきか」の是か非かです。
自分たちのチームは非側になりました。
メンバーは松山/岡山 各1人、徳島3人の
計5人です。事前に香川で集まって打合せしましたが、
相手あってのディベートなのでどうなるかはわかりませんでした。
とりあえず見た目が大切だと言うことで、
そろいのTシャツをつくってました。

いざ始まるとなかなか思うように、言いたいようには言えないものだと思いました。
ですが最終弁論でディベートリーダーが、かなり良い印象をあたえ、
審査員の投票結果、僅差で勝つことができました。勝敗がすべてではないですが、
やってきた結果が出たことはとても嬉しかったです。
難しいテーマでしたが、
このディベートで日本国憲法について、勉強し、たくさんの事を知りました。
日本で生きている以上、知らないでいる事はいけないなと思いました。
興味を持つ事により沢山のものが見えてきて、理解が深まる事をしりました。
ディベートのルール上、相手の考える事も知らないと戦えません。
それは相手に感心をもつという事にも繋がるのだなと感じました。


塾長からの言葉で一番準備が出来てなく、心配だった西クラスが終わってみれば、
すごく良い講座になった「今年の西クラスは期待できる」と、
お褒めをいただいたのは凄くうれしかったです。
嵐のなかのスタートでしたが逆にそれがクラスのまとまりに繋がったのだと感じました。
まさに「小さな悲観、大きな楽観」となりました。
お世話してくださったOB塾生などの方々には感謝です。

そして閉講しました。
その後に、次回への課題を伝えてもらい、
ディベートのまとめをしました。

最後に11期生だけでミーティングをしました。
yanai-syugo1.jpg

公民館前でのしばらくの別れは、みなさん名残り惜しく、確かな団結を感じました。
本当にいいクラスだなと思いました。
連日の疲れはありましたが、皆さん達成感をもって帰路につきました。
2007.07
05
CM:0

01:33
Category : 学び
青年塾のレポートは研修にでることで
いろいろな人に迷惑を掛けることになるので、報告の意味で
必ず書いて家族や会社に提出するように塾長から義務づけられています。

6月30日(土)
朝5時に起きて体操などをして、
近くの公営便所に移動しトイレ掃除研修をしました。
souzi.jpg
素手と裸足です。
小便器の尿石はかなり頑固で分厚く、
時間内で落とすことが出来ずに残念でした。
その後公民館に移動し、朝食をいただき各講座が進みました。

 『日本人のたしなみ』についての発表を塾生からありました。
マイ箸、節電節水、ゴミ分別、後身癖、不便癖、あいさつ、足元の配慮、音の慎みなど
幅広くあります。実践して身体で覚え、無意識で出来るようにしたいです。
 『課題図書の発表』は司馬遼太郎著書の「坂の上の雲」1、2巻の気に入ったところを
朗読し発表しました。
1人3分でしたので発表しやすいように感想を紙に書いてましたが、
紙を読むだけでは人には伝わりにくいものだと感じました。
自分のことばで周りをみて話すことが大切だと思いました。
 『いのちの授業』は僕の担当でした。講師の鈴木さまとはマメに連絡を取っていて、
設営の事前の段取りも上手くいき、司会もスムーズに進行出来たほうだと思います。
鈴木さまの経験をもとに、いのちの大切さ、人と人のつながり、相手の立場に立った
目線を変える必要性、自己責任と社会責任について、いのちの目線についてなど
たいへん深い大切なおはなしをしていただきました。
 自分の役割をやりとげたときは達成感がありました。

 昼食をはさみ、『柳井市長御講話』がありました。
市長の河内山様は松下政経塾出身で34歳のときに全国最年少市長として就任されました。
ふるさと納税や格差について、道州制などについてのお話をお伺いしました。
 『私の志の実践』ではOB塾生である、木原塾頭と白井副塾頭から現在の
仕事などでの実践を教えて頂きました。
 『塾長との対話』ではOB塾生なども交えた対話が行なわれました。
青年塾の活動はやればやるほど仕事や家庭にも負担を掛けることになるので
今年は「最小負担、最大効果」を得れるように知恵比べで競うこと、
入浴時のたしなみ、肥後六花などのはなしがありました。

そして会場を掃除して、移動、入浴、懇親会とありました。
その夜ディベートの打合せとプレゼン用紙の作成をしたので、
寝るのが2時半ごろになってしまいました。
2007.07
04
CM:2

11:00
Category : 学び
yanai-kesiki.jp.jpg

西クラス単独では初めての講座です。
事前の全体の集まりは1回ありましたが
全体のメール伝達もなかなか上手く行かず、準備不足感があり、
期待とともに多少不安なスタートとなりました。

6月29日(金)
講座開始は18時からでしたが、先に会場をチェックし、買い出し、
設営などの準備をしようと昼頃に付くように考えてました。
西クラス同期の2人と待ち合わせて徳島から車で出発しました。
瀬戸大橋経由で約4時間の走行時間でした。

会場に着くと、柳井講座のリーダーが欠席することが知らされました。
ますます、この講座は大丈夫かなと思いました。
さらに予定のディベートの時間が足りないなど、
いろいろ問題も発生してきました。そして、大雨により新幹線が止まり
塾長の到着が遅れるかもという事態になりました。
まさに波乱含みのスタートでした。

とりあえず、なんとか準備も終わり、塾長も間に合いました。
開講式が始まり塾長からの最初のことばを頂きました。
 一つは「小さな悲観、大きな楽観」
トラブルがあって悲観することがあっても、すぐに気持ちを切り替え
楽観することにより結果的には良い方向になるという意味でした。
これから始まる講座を進めて行くには必要なことだなと感じました。
 もう一つは「感心をもつ」ということです。
今回の講座のテーマはお互いを知ること、お互いから学ぶことです。
他人や周りの人に対して無関心なのは心の貧しいこと、
青年塾は心の豊かな人間を育てることが目的ということです。


夕食後塾生の近況報告を車座で1人4分で行ないました。
僕は自分の設計事務所の仕事についてや、人の縁、阿波踊りについて
話しました。人前で話すのはまだまだ慣れていないので、
なかなか上手くは話せませんでした。
こうゆうのも経験を積んでいかないと、と思いました。
塾長にはどんな小さなことでも目のまえのものに全力でとりくんでいけば、
結果はついてくるとの言葉をいただきました。

そのあと11期生でミーティングを行ない、
進行や役割について話し合いました。
ディベートの打合せなどもグループに分かれてしていたら
夜1時過ぎぐらいになりました。