RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.08
29
CM:1

00:50
Category : 未分類
inokuma-1.jpg
そしてその日曜日の午後にヨメと丸亀で合流し、
おもしろそうな企画展をやっていたので、
猪熊弦一郎現代美術館に行きました。

inokuma-2.jpg
この美術館はやっぱりいい建築です。

エルネスト・ネトは1964年生まれのブラジル人アーティストです。
伸縮性にすぐれた薄い布地を用いた有機的な形態のオブジェや、そのオブジェで
構成されたインスタレーション作品で注目を集め、国際的にめざましい活躍を
されているようで、日本国内で初めてとなる大規模な個展です。

見るだけでなく、触って楽しめる体感型の作品で、
展示室に合わせて制作された新しいインスタレーション作品です。


inokuma-3.jpg
靴を脱いで中に入ると、床はクッションになっていて、
いたるところにビーズ・もみ殻・プラスチックボールなどの様々な
触感のモノが入った布の塊があったり、
上からぶら下がっているものがあったり、
おもしろい空間でしたが不思議と落ち着きました。
ごろごろと寝転がって、ずっとでも居れそうでした。
ターメニックなどが入ったメッシュ状のおもりがテント全体を引き上げています。
ですので微かに嗅覚にも訴えてきます。
体感を通じて作品を見るというのは、とても楽しいなと思いました。

inokuma-4.jpg
美術館建物内に隣接されている、
ミモカカフェのYチェアに座って一息つきました。

inokuma-5.jpg
そとの美術館前や駅前通りでは「まるがめ婆娑羅まつり」をやってました。
よさこい祭りみたいに、鳴子をつかって踊ってました。
よさこいと違うのは移動せずにいたことです。
連ごとに衣装やメイクが違ってみんな個性的でした。
暑そうだけど、とても楽しそうでした。
すごい大音量で、連のDJみたいなひとが高いところに立って、
かけ声を掛けてました。

今週の金土日は青年塾サマーセミナーで奈良・飛鳥に行きますが、
天気が心配です。
そして来週は建築士会で北海道に行きます。
来年の徳島での全国大会へむけてのPR活動です。
阿波踊りもおどるそうです。

今年から来年前半にかけてホントに県外に行く事が多いです。
時間もお金もつらいですが、なんとかやっていきたいです。
(建築士会のはいろんなとこから補助金がでるのでそうでもないですが。)
スポンサーサイト
2007.08
28
CM:0

02:15
Category : 学び
nakada.jpg
先の日曜日午前中に高松市の高松テルサという会場で、
横浜市長(2期目)である中田宏氏の講演会がありました。
松下政経塾出身で衆議院も3期務められていました。

とてもバイタリティー溢れる方で日本を良くしようと、
志を高くもたれていました。
ごみ排出量を削減したり、職員の人員を減らしたり、朝礼をしたりと
いろいろな取り組みや改革を実行しています。

横浜市は360万人の全国最大の市ですが、いまやっていることは
全国のどこの都市でも転用出来る政策で、モデル事業として広めていって、
日本を変えていこうとしています。
そのためには一人一人が気をつけていけば社会はよくなるので、
無関心はいけないとおっしゃってました。

懇親会のときに少し話しを伺いましたが、
そのブレない気持ちの強さはどこから来てるのかを聞くと、
周りの支えてくれている方の期待に応えるためや、宏報などで
公言することにより自分を追いつめるのだと、言われてました。
凄い人だと思いました。


以前青年塾の上甲塾長(もと松下政経塾塾頭)から聴きましたが、
政経塾在籍のころはごみの問題を研究していて、毎日ごみの集積場にこもりきり
分別をして状況を把握したり、
西宮市の資源ごみの分別の現場で働く体験をしてたそうです。
文献や本を読む勉強より、現地・現場に行って、自らの体験を通じて学ぶ、
生きた勉強をし、実態をつかむ考え方を実践されていたそうです。

青年塾は
知識を持っている人間ではなくて、知恵を生かして実行出来る人間を育てることが
根本にあります。
知識と知恵、実行力もまだまだなので、しっかり学びたいです。
2007.08
21
CM:0

01:54
Category : 旅行
次の日(8/19)、せっかく広島まできたのだから建築を見に行こうと早起きしました。
9時ロビー集合だったので、
まず朝5時に起きて準備し、ホテル近くの世界平和記念堂に歩いて行きました。
(日の出は5時33分だというのを調べてました)
hiroshima-6.jpg
設計は村野藤吾氏で1954年竣工、国指定重要文化財でもあります。
レンガの目地が粗く手作りで重厚な雰囲気を醸し出しています。
すごい迫力で、かなりの力作だと感じました。
今はなかなかこんな建築ができることはないなと思いました。

そして始発の路面電車に乗って広島市西消防署にいきました。
hiroshima-4.jpg

設計は山本理顕氏で2000年竣工の現代建築です。
hiroshima-5.jpg
外部はガラスのルーバーで覆われ開放的な外観で、
ルーバー内は廊下などがあり半外部、半内部の空間になってます。
受付をすれば展示ロビーとテラスを見学出来ました。
入っていいのかわからなかったけど、7階より上にあるタワーになってる
ところにも上がれました。
壁、床、階段ともにグレーチングなどのメッシュ材ですけすけでした。
最頂部までのぼるとマンション13階ぐらいの高さ目線で、
手摺は申し訳程度についていて、
ふと下をみると床から直角に地面まで切り下がってました。
足がすくみ、先端までいく勇気がありませんでした。
ここで地震がおこれば相当揺れるだろうなと思いました。
正直怖かったです。

そしてホテルに戻り集まって、みんなで河川公園の見学に行きました。
平和公園にも行き原爆ドームをみました。
hiroshima-7.jpg
見る角度によって全然違った印象でした。
負の世界遺産としてずっと残しておいて二度とこのようなことが起こらないように、
記録として伝えていかないといけない建物だと感じました。
観光船にも乗船し、川からの風景も見ました。

ついでにすこし足を伸ばして
環境局中工場(ゴミ処理場)を見に行きました。
hiroshima-8.jpg
設計は谷口吉生氏で2004年竣工です。
すごく大きな建物で、建物の横腹に長い直線のメイン道路が直角に接していて、
遠くの道路側からみて圧迫感を解消するために、道路の延長上の建物部分は
すべてガラス張りになっています。さきの海空がみえます。
その道路線の延長上の建物2階レベルにガラスの四角いボックスが建物を貫通していて、
海岸まで抜けれるようになってます。
内部はゴミ処理の機械がガラス越しに見学できるようになってます。
谷口吉生氏は美術館を多く設計されている方で、とてもモダンで
繊細な設計をされるかたです。
丸亀の猪熊弦一郎美術館も設計していて、好きな建築家のひとりです。

最後に近くにあったアクタスを少し見て帰路につきました。
2日間はとても暑い日でした。外でいる時間が多かったので本当に暑かったです。
暑い外と、空調の効いた室内を行ったり来たり
したので相当身体に負担が掛かるだろうと思いました。
尾道ラーメンを食べれなかったのは残念でした。

河川景観がメインでしたが、建築も沢山みれて良かったです。
2007.08
20
CM:0

23:52
Category : 旅行
建築士会で広島に行ってました。
ひょうたん島の景観プロジェクトを進めていくための視察です。
最初から参加していたわけではないのですが、最近参加してます。

まずは広島IC近くにbrood(ブルード)というリノベーションの店舗が
あったので見学しました。
hiroshima-1.jpg
設計は最近よく建築雑誌にでている、三分一博志氏です。
輸入車販売店、イタリア料理、もみじ饅頭屋、ギャラリーと変な組み合わせの
複合店舗です。
パーゴラが印象的でした。
内部も細かいところまで気をつかっていて、独特の雰囲気でした。


河川やオープンカフェをみてまわり、
都市計画学会が主催する、講演会を拝聴しました。
hiroshima-2.jpg
徳島のパラソルショップも取り入れられているようです。
公共空間で事業をしようとすると、法律、管轄や権利の関係などで、
国、行政、警察、保健所、地域住民とさまざまな問題があります。
そこら辺をクリアーしていくことの大変さを感じました。
徳島のボードウォークもそうだと聞いてました。

まず社会実験として川辺にオープンカフェを運営することにより、
川に人が集まり、川を生かしたよいまちづくりをできるように目指してました。
引いては観光としても活用できるものになればさらに良いです。
素晴らしいまちづくりをするという信念をもってやってました。
すぐには結果がでるようなものではないですが、
徳島も素晴らしいまちになっていってほしいです。

そして京橋川の周辺を現地案内してもらい、オープンカフェで鉄板焼きを食べながら
広島の方々と交流会をしました。
夕方でも外の気温は33°でしたが、水辺だと涼しく感じました。
広島市の川は干満の差が4mもあるそうです。
堤防に雁木(がんぎ)という川面に降りる階段がいたるところについてます。
なかには江戸時代からのもあるみたいで、
それを利用しての水上タクシーなども運行してます。

そして美味しい広島焼きの店に連れて行ってもらいました。
hiroshima-3.jpg
もうたいがいお腹いっぱいでしたが、
とても美味しく、完食しました。

『戦争を知らない子どもたち』の作曲家の方がいました。
2007.08
18
CM:2

00:29
Category : 未分類

森信三さんの本を読んで、さいきん気をつけています。

「つねに腰骨を立てる」ということは、坐禅においても、
いちばん大事な事柄として、古代から重んじられてきました。
それはわれわれ人間というものは、身体をシャンと立てていますと、
心も自然にしっかりしてくるからです。
(中略)
われわれ人間の心と身体はつねに一つになって離れないのが本来のすがたなのです。

↑というふうに書かれいます。
普段はけっこう姿勢がわるいので、意識していきたいです。
2007.08
17
CM:0

02:19
Category : 阿波踊り
8月15日、お盆の締めくくり
阿波踊り最終日でした。

最終日は、
紺屋町→籠屋町アーケード→両国橋路上(演出など)→紺屋町→両国→藍場浜
というルートでした。
紺屋町はサンスター連のちびっ子、ダイドードリンコ連とそれぞれ踊りました。

かなりビールやジュースを飲んだので、汗まみれになりました。
演舞場の移動には鳴りものさんの太鼓を運んだりもします。
結局夕方におにぎり1個しか食べれてなかったので最後はふらふらになりました。


今回は全体として腰を落とし頑張ろうと踊りました。
またまたケーブルテレビでチェックすると
両国演舞場で踊っている姿がちらっと映ってました。
(両国は200mぐらいあり一番長い演舞場です)
それを見ると、後半疲れていてあまり落ちてませんでした。。。

ですが最後の藍場浜演舞場では気合いを入れて頑張りました。
今年の夏も終わった~  って感じです。
2日間の夜だけでしたが、充分楽しめました。
2007.08
15
CM:2

12:47
Category : 未分類
先日、飲み会(パーティ?)がありました。
元はみんな同じ会社でしたが、
現在は同じような業界ですが、みごと全て仕事がバラバラです。

↓ある土木の優良企業の社長です。
syacyou.jpg
あまりにも似合っていたので写真を撮りました。。
2007.08
15
CM:0

00:20
Category : 阿波踊り
ついに阿波踊りが始まりました!

初日の12日に踊ってきました。
この日はサンスター連と一緒でした。
藍場浜→紺屋町→市役所→徳島城公園→市役所と踊りました。
徳島城公園でサンスターの人たちに演出を見てもらい、
そこで別れましたが、

↓そこで三田村邦彦さんと写メールを撮ってもらいました!
070812.jpg
気さくないいかたでした。

最後の市役所は阿波踊り振興協会みたいに六つの連で総踊りをしました。
今年はじめてだそうです。
去年よりさらに踊りを楽しめました。

後でケーブルテレビをチェックすると遠目にけっこう映っていました。
あんまり腰も落ちてないし、手も上がってなかったです。
去年から進歩がないかも・・・

13、14日は図面を書いてたり打合せがあったりと参加できませんでした。
が、最終日の15日は気合いを入れて、しっかり踊りたいです!


2007.08
14
CM:0

23:39
Category : 建築
日記がとどこおってました。

盆前に東京の事務所の先輩が設計した現場を見せてもらいに
阿南に行きました。

その前に大菩薩峠という喫茶店に行きたいということでしたので、
まいりました。
以前から行ってみたいと思いつついつも通り過ぎるだけで、
行ったことがなかったです。
070809-1.jpg
この建物はセルフビルドな建物で
建築雑誌に載っていたりとまあまあ有名な建物です。
鉄扉にはsince1971と書いてました。
なんとも言えない雰囲気で、独特の建築でした。
まだまだ施工途中みたいで、サグラダファミリアみたいやなと思いました。
昼時には意外にも?お客さんがいっぱいで繁盛してました。

070809-2.jpg
阿南の住宅の現場をいろいろ説明して頂きました。


070809-3.jpg
そのよる建築士会+徳島市のイベントで
ひょうたん島の野外講演会+ナイトクルージングがありました。
新町ボードウォークのポンツーン(浮台)に
仮設のプロジェクタースクリーンを設置し、
スライドを使っての事業報告や、
徳島新聞でも連載している藍谷さんの講演会がありました。
藍谷さんは小松島出身でSOMというアメリカの大手設計事務所の
イギリス事務所に勤務されていて、このたび東京で独立されるそうです。

世界の都市や町の、川と建物の関係性を分かりやすく教えて頂きました。
ナイトクルージングは乗る事が出来ませんでしたが、
その後の飲み会でも藍谷さんや他の建築士会の方からいろんなお話が聞けて、
楽しかったです。

今週末の土日にもひょうたん島がらみで、
広島に建築士会で講演会+見学ツアーがあるので
参加してきます。
2007.08
06
CM:0

22:46
Category : 学び
komehyapyu.jpg
先日の農村舞台は行けずにざんねんでした。

青年塾の活動も忙しくなってきました。
8月末に奈良・飛鳥で全体講座のサマーセミナー、
10月中頃には鹿児島・志布志で第2回西クラス講座とあって、
11月末 山口・萩/下関、1月中頃 愛媛・松山と続いて行きます。

サマセミではそんなに準備はありませんが、
志布志講座では、なんと演劇をします!
先の日曜日に高松で四国チーム(演劇担当)の打合せしましたが、
僕も演じる事になりました。
演目は『米百俵』という、明治始めのまだ藩も存在している時代の
志の高い話しです。
演劇なってやったことがないので、きちんと演じれるか心配です。

しかも志布志市長も乗り気で、
広報を通じてイベントもからめて一般の市民も見れるようにするようです。
200人収容の市民ホールだそうです。

ほかにも課題があったりと、なかなか大変です。

数ある青年塾の言葉で、
『困難が大きいほど、喜びが大きい。』
『そこまでやるか』
という言葉を心にして挑みたいとおもいます。
2007.08
06
CM:0

19:41
Category : 未分類
ryuseigun.jpg
ペルセウス座流星群の出現がピークとなる13日午前零時の東京の夜空の予想図。新月に当たり、月明かりの影響を受けないので、天候が良ければよく見えると期待される(国立天文台提供)(時事通信社)

↑ということです。夜空を見上げて見ようかと思ってます。


「流れ星にねがいを3回となえると叶う」とよく聞きますが、
それは一瞬のうちに願い事を考えていうのでは間に合わないので、
常に考えていて、いつも頭にあるから行動も伴い、
願いが実現するのだ、というのを聞いたことがあります。

2007.08
04
CM:0

14:20
Category : 旅行
kisonoyama.jpg
なぜか山登りしてきました。
初日は天気も快晴ですごく気持ちがよかったです。
9合付近で泊まり次の日に頂上を目指しましたが、
台風の影響もあってか霧雨で視界が悪く強風がふいていました。
標高3000mもあったので冬のように寒かったです。
日の出と富士山が見えずに残念でした。

でもまあ全体としては楽しかったです。