RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.04
30
CM:0

07:48
Category : 家族
最近家族・家ネタがおおくなってます。



春になると出かけたくなります。

IMG_6413.jpg

先週末、はな・はる・フェスタに行きました。

ラーメンは食べませんでしたが(笑)



そして保育園の遠足。

IMG_6415.jpg

蔵本公園でオリエンテーションをしたりしました。

IMG_6438.jpg

ヨメの力作弁当をいただきました。

おいしかったです。


スポンサーサイト
2011.04
25
CM:2

05:52
Category : 住宅
住宅模型3件。

mokeiT.jpg

とりあえず3ヶ月、事務所に手伝いにきてくれてるTくん作。



先のことはわかりませんが、

せっかくご縁がありウチに来てもらってるので、少しでも大切なことを伝えればと思ってます。

自分の学びにもたくさんなってます。感謝です。



で、物件のうち2件は設計監理契約させていただき前に向って進んでいます。

より良いものになるよう、頑張ろ~~~!!



今の歩みは、まだゆっくりしてますが、確実に進んでいきたいです!!
2011.04
18
CM:0

05:54
ウッドデッキが出来て2年以上。
当初は浸透式の防腐処理はしてましたが、そろそろ何か塗らなければと・・・


去年あたりからずっと思ってました。。

deck1.jpg

今回使ってみたのは、
プラネットカラーのライトシーダー色。

家族みんなでやりました。

前日にデッキの拭き掃除など下地処理して、
当日、紙ヤスリ(150番)でサンディングし、専用ハケで塗装。
やってみると、けっこう簡単です。

deck3.jpg

とてもきれいになり、すっきりしました。

全体の外観は茶色がメインなのでちょうど合ってると思いますが、
中庭のデッキは内部のイメージに合わせたいので、
もっと薄めのすっきり系にしてみようかと考えてます。

deck4.jpg

新しくなったような気分で気持ちよいです。

deck2.jpg

娘が掃除を手伝ってくれてます(笑)


いろいろ家に手を掛けていくのも楽しいですね。


2011.04
15
CM:0

00:02
中庭のシャラ
haru-001.jpg

ヤマボウシ
haru-002.jpg

ヤマモミジ
haru-003.jpg

落葉樹の3本は日々新緑が育ってます。



今年で3年目。

だいぶ土地に根付いてきたのか、
去年よりたくましくなっている気がします。



他にもたくさんの花が咲いてます。

haru-004.jpg

いつも大切に手を入れています。

母親が・・(笑)


とってもありがたいです。



アブラムシ・毛虫の時期には僕の出番ですね・・・
2011.04
14
CM:0

23:42
Category : 日記
先日の休日。
母親のリクエストで、脇町まで桜をみに行ってました。

その場所へは、
あまり整備されていないデコボコの険しい山道を車で登っていくのですが、
対向出来る箇所もほとんどないので
警備員さんが10人以上いて交通誘導してました。
ですので、それもあってか拝観料1000円掛かります。。

ですが!とにかくすごかったです。

yaorozu-1.jpg

山がピンクです。

yaorozu-2.jpg

どこまでも桜です。

ほんとすごかったです。




帰りはヨメが行ったことないといったので・・

yaorozu-3.jpg

阿波市の土柱に。


ウィキ(土柱)を読むと、

日本では、「世界三大土柱」として、ティロル地方(イタリア)・ロッキー山脈(アメリカ合衆国)・徳島(日本、「阿波の土柱」)があげられている。


「日本では」ということは日本だけが言っているということでしょうか??(笑)
現地の看板には「世界三大奇勝」と書いてました。。


徳島をもっと知らないといけませんね。


あっ、桜とは関係なかったですね。
2011.04
14
CM:0

23:14
Category : 住宅
住宅の完成見学会に参加させていただきました。

設計は新居さん。建てようネットさん主催です。

新居さんに
設計に対するこだわりや、木についての講義など教えていただき、
たくさん勉強させてもらいました。



地域社会は循環しているので、
地場の材料をつかう大切さも納得です。

植物をできるだけ植えるようにされていて、
リビングの前にも立派な木が植えられてました。

IMG_6060.jpg

家の中から見ても気持ちよいですが、
近所から見てもいいと思います。
ちょっとしたことですが、そういったことが
地域のコミュニティに良い影響をあたえるのだと思います。

ありがとうございました。
2011.04
10
CM:2

09:37
Category : 日記
ウッドデッキの改修&作業場増築の計画があるとのことで、
声を掛けて頂いたので、

急遽、佐那河内までいってました。

sakuraf-1.jpg

sakuraf-2.jpg

見晴らしがよいです。

sakuraf-3.jpg

桜とユキヤナギがなんとも淡いやわらかな感じです。

sakuraf-4.jpg

途中にあった石積みや

sakuraf-5.jpg

建物もいいかんじ。



すこし足を伸ばして神山の桜を見ました。

sakuraf-6.jpg

明王寺のしだれ桜

sakuraf-7.jpg

満喫しました。
2011.04
07
CM:2

00:03
Category : 日記
震災がおきて、しばらく経ちますが、
まだまだ先の見えない状況です。



建物が簡単に壊れていくさまをTVでみたりすると、
自然の脅威に畏敬の念を抱くとともに、
設計者としての無力感におそわれます。

先日、設計者の集まりがあり震災等についての話し合いがありました。



いろいろな意見がでてました。

とても考えさせられました。

まずは復興ですが、その先も考えさせられます。




震災だけでなく原発問題があるのでよけいに大きな課題です。

利権やモノに対する豊かさを求め続けた結果が
人間の手に負えないモノをつくりだしてしまったのだと思います。


豊かさとはなにか?
モノに囲まれ便利になるのが幸せなことなのか?



幸せとはモノだけではなく人との関係で生まれるものだと思います。

親子の関係。

家族の関係。

友人の関係

近所の関係。

地域の関係。

さまざまな繋がりが幸せや喜びを感じることになっていくのだと。




自然の脅威に備えるべくさらに大きな装置を作ったとしても
それを超えてもっと大きな力で返ってくるのが自然です。

文明は大きくなって必ず滅びています。


原始のような生活に戻ることはできないにしても、

いたずらに自然と戦うことはやめ、
自然と共生し、暮らすという営みの原点にかえり、

軽やかに力強く生きていきたいものです。



かといって、

なにもかも無くして最低限のモノでというのも、
生活に潤いが感じられなくなります。

芸術や遊び心が心や感情を豊かにするのもまた事実です。

空間が豊かだと、とても気分がよくなります。




そのあたりのバランスをとることが

大切だと考えます。




今僕ができることは少ないかもしれませんが、

地域の設計者として、
いろんな関係性を大切にしながら、

これからの自分の設計という道に反映していかねばと思います。


みんなで頑張りましょう!!





「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」
  ─マザー・テレサ

2011.04
06
CM:0

21:34
Category : 住宅
東かがわで建築中のお家の中間検査がおこなわれました。

cyu.jpg
役所の方が釘ピッチなどチェックしてます。


なにも心配ゴトがなくても検査となれば若干ドキドキします(笑)

今回は知り合いの方からお施主さんを紹介いただき、
全体予算や業者のからみもあって、ほんの一部だけ関わらせてもらってます。
いろんなカタチの仕事でも全力でのぞみたいものです。



計画変更があったりいろいろあって、
今回やたらと東かがわに通いまして、なかなかタイヘンでした。。

いま何かと建材や製品が入ってきにくい状況ですが、
この物件に関しては、大丈夫そうです。

やはり、着々と建っていってる姿はうれしいものです。



どんなことでも、
自分という人間を信じて依頼して頂けるのは嬉しいことです。

地域の専門家として、
小回りよく楽しく走り回りたいです。
2011.04
01
CM:0

00:09
Category : 日記

行徳哲男師の心に響く言葉より…


「開き直り」とはどういうことか。

人間にはもともと何もないと知ることである。

われわれは生まれたときに、何かを持って生まれてきたわけではない。

死ぬときに、何かを持って死んでいけるわけでもない。

生と死とはもともと何もない。

何もないのだから開き直ればいい。



真剣と深刻とは違う。

悲劇の主人公のような生き方は真剣とは言わない。

真剣というのは、もっと軽いものである。

真剣になればなるほど軽くなれる。


「軽さ」の頭に「あ」をつければ「明るさ」になる。

真剣な人は「明るい人」である。

『感奮語録』致知出版



世の中が騒然とすると、心がざわつき、不安が押し寄せてくる。

そんなとき、人はどうしてもジタバタしてしまう。


これから時代がすすみ、どんなに研究が進んでも、自然が引き起こす、天変地異
を正確には予測ができないという。

人の死期を正確に予測できないと同じだ。


中村天風師は、「今、この時だけを考えろ。過去は及ばず、未来は知れず」と言
った。

過去は変えられないし、未来は誰も分からない。


今心配していることの90%以上は起こらないといわれる。

ならば、事が起きたときに、ジタバタしないように、どう対処するかだけだ。


行徳師は、「大胆、不用意」という。

事前にいくら用意してもうまくいかないときは、うまくいかない。

それが、「開き直り」の精神。

そのときは、そのとき、と開き直る。

未来のことを思い煩(わずら)っても仕方がない。


人はいつかは必ず死ぬ。

このことが分かったとき、肚ができる。

そして、今ここ、だけを考えて生きる。


真剣な人は、明るくて、軽い。