RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.11
28
CM:0

21:40
Category : 日記
各市町村の文化財保護審議会委員と行政担当者が対象の
文化財県内研修会に参加してきました。

以前に藍住町の委員になったものの、集まりに参加したことがなかったので
初めての参加です。

タイヘン年齢層が高かったです・・・。



午前は、寺町界隈を巡りました。

阿波踊り会館横にあるモラエスのお墓や、夕霧塚、錦竜水、
春日会館と春日神社。

1127-01.jpg

天理教徳島教務支所にある庭。



そして、登録文化財に指定された、
和田の屋本館下棟。

1127-02.jpg

2つの入母屋破風(いりもやはふ)のように参道に面した意匠などが特徴的です。

1127-03.jpg

和田の屋さんから見えるモラエスの花といわれている、キバナアマが綺麗に咲いてます。
11月から4月ぐらいまでが見頃だそうです。

美味しく昼食と焼餅とお茶を頂いたのですが、
肝心の焼餅の写真を撮るのを忘れてました(笑)

和田の屋さんのHPよりご覧ください。


焼餅は焼きたてがやはり美味しいので、ゼヒ和田の屋さんに行ってみてください。
雰囲気もとてもいいです。

スポンサーサイト
2011.11
26
CM:0

23:25
Category : 日記
藍場浜公園でB級グルメフェスティバルがあったので行ってきました。

まずは娘とすべり台を楽しみました(笑)

219-1.jpg

219-2.jpg

今治焼豚玉子飯・富士見やきそば・元祖かっしゃ焼


おいしかったです。
徳島のB級グルメも盛り上がればいいですね。
(県外のばかり食べてましたが・・・)

あっ美馬の「そうめんやきやき」も食べました。

あと、Doくんありがとう!!




そのあとは近所のゆめタウンに少し寄って帰りましたが・・・

219-3.jpg

タダでもらったものばかりで満喫している娘です。。。




以上。一気にアップです。
2011.11
26
CM:2

23:21
Category : 建築
最近続けて、鳥羽さんが設計されたのを2つ見学させて頂きました。

美容室兼住宅と

108-1.jpg

お蕎麦屋さんの店舗です。

108-2.jpg

細部まで丁寧に作り込まれていて、とても勉強になります。


ゆめタウン徳島のプレオープンの日でしたので、すごく混み合ってました。

店内でおいしくお蕎麦も頂きました。


2011.11
26
CM:0

23:18
Category : 建築
最近徳島の木造研究会、香川の木造塾。
木についてたくさん学ぶ機会がたくさんあり、とてもありがたいです。

香川のも良かったので書きたいのですが、
なかなかまとめれません。


こちらは「県産材流通現地研修会」

座学ありの、

392-1.jpg

市場見学

392-2.jpg

樹齢150年の杉

392-3.jpg

現地見学

392-4.jpg

いろいろバスでまわり勉強になりました。

考えることも多かったです。
2011.11
26
CM:0

23:12
Category : 3本柱のいえ
以前に地鎮祭を行なった現場も着実に進んでます。

37-1.jpg

上棟祭。

37-2.jpg

現状の外観。


どんどん出来上がっていってます。

せっせと現場に通って、より良く仕上げたいです。


みなさん、よろしくお願いいたします。

2011.11
26
CM:0

23:09
Category : 日記
以前、高知のばあちゃんから、七五三の衣裳を送って頂いたので、
1年早く、近くの氏神さんにお参りにいってきました。

753-1.jpg

そして、その後着替えて娘と公園に。

娘はすべり台好きです。

753-2.jpg

一人で何回も何回もやります。

753-3.jpg

こんな急斜面のを一緒にすべってみると・・

753-4.jpg

それを見た他のお母さんに、「すごいね~」って言われました。
すると、調子にのって何度か行きました。

そのお母さんが帰った後に、
「やるで?」って聞くと
「こわい・・」って言ってすべりません。。。

やはり褒めて伸ばさないといけませんね(笑)


ちなみに娘は「すべり台」のことを「すぶる台」といってます。



753-5.jpg

コレは夏の想い出。いつかは一緒にテニスを(笑)

以上成長記録でした。
2011.11
16
CM:0

06:51
Category : 日記
娘が行っている保育園の上棟式に行ってきました。


待機児童が多いため増築するようです。

残念ながら設計に関わってるわけではありません。


そして餅投げ。

IMG_9942.jpg

棟に上がると危険なので下からだそうです。

お一人、直球で餅を投げてくる方がいて、
びゅーんと反対にあるフェンスまで届くぐらい振りかぶって投げてました。。。
保育士さんが身をていして小さな園児を守ってました(汗)


娘のアタマにも直撃してました。

餅が小さくてよかったです(笑)



最近ではめずらしいことですので、縁起物を頂いて嬉しかったです。



☆豆知識☆
頂いた餅は焼いてはいけません。火事を連想させるので。
2011.11
15
CM:0

09:02
Category : テニス
久々にテニスネタです。

少し前になりますが、(アップするの忘れてました)
スイス・バーゼルの大会で、錦織圭が快挙です!

準決勝で世界ランキング1位のジョコビッチをやぶり!!、

決勝でフェデラーと戦いました!!

残念ながら破れはしましたが、ホントにすごいことです。

12111.jpg

フェデラーは錦織も憧れの選手で、5年ほど前にヒッティングパートナーとして
練習したこともあります。
そのことをフェデラーも覚えていて優勝スピーチで話してました。

まさかそのフェデラーと決勝で試合できるなんて本当に夢のような時間だったと思います。

見てるだけでもワクワクします。


往年のような圧倒的強さ・華麗なプレーのフェデラーと対戦できたことが、
今後の錦織にも良かったのかな~と思いました。

ちなみに先週行なわれたフランス・パリの大会でもフェデラーが優勝してました。


プロテニス選手は、
1年を通して世界をまわり過酷なスケジュールをこなしてるので、すごいなと思います。
(勝ち残るほど休みが少なくなります)
フェデラーは大きなケガなく長いことトップにいたので、
体調管理もプロフェッショナルだと思いました。




もひとつ、
スイスと同じ週に行なわれていたスペイン・バレンシアの大会。

会場が美しいですね。

こんなところでテニスやってみたい(笑)

12112.jpg

たぶん、カラトラバの設計のような気がしました。


2011.11
13
CM:0

09:04
Category : 建築
前年好評だった

建築士会の川の駅イベントが今年も開催されます。

クリックすると大きくなります。
hyotangurutto_convert_20111107105830.jpg

是非参加してください!
2011.11
13
CM:0

08:51
Category : 日記
────────────────────────────────────

     「サムライの精神を育てる」
       
       
       松田妙子(住宅産業研修財団理事長、大工育成塾塾長)

        
               『致知』2005年9月号より

                    ※肩書きは掲載当時です

────────────────────────────────────

「よく来てくださいました」


 大工育成塾スタートから二か月後、
 受け入れ先の工務店を訪れて驚きました。

 入塾式まで茶髪にピアス、
 人の話も聞かずにふんぞり返っていた若者のうちの一人が、
 背筋をピンと伸ばし、こう話しかけてきたのです。

「あんた、ずいぶんいい男になったわねぇ」

 彼の成長ぶりに目を見張りながら、
 私の心は喜びに溢れていました。
 真の職人たるもの、卓越した技術とともに、
 立派な人格も備えていなければなりません。
 
 棟梁の厳しい指導のもと、日々修業に励んできた成果が
 こうした行動に表れたのでしょう。

 三年間、棟梁のもとで学ばせ、一人前の大工に育てる――
 この「大工育成塾」のアイデアを思いついたのは、数年前のこと。
 
 三十七歳の時、住宅会社を設立した私は、
 以来四十年近くにわたり、
 「よい住まいとは何か」と自問し続けてきました。
 
 そして折に触れて話してきたのは、
 「住まいは、家族の幸せの容れもの」という考え方です。

 ところが最近になって人々は、幸せの尺度を、
 精神面よりも物質面に求める傾向が強まってきました。
 
 住まいに関していえば、いかに広く、立派な見栄えで、
 利便性はどうかといったハード面のことばかり。
 
 つまり、日本人にとっての家は
 「ホーム」から「ハウス」へと変容してしまったのです。

 一九六〇年代、価格高騰を続ける住宅産業界に
 メスを入れるべく、私は米国の2×4(ツーバイフォー)工法を紹介し、
 以来、良質で低価格のマイホーム開発の普及に尽力してきました。
 
 そして人々に、価値と価格の見合った住まいを
 提供してきたという自負があります。


 しかしそれと並行するように、社会では、
 家庭内暴力や青少年の非行、離婚率の増加などが
 問題視されるようになってきました。
 
 私はその要因の一端が、安価で個室主義的な
 建築工法にあるのではと考えました。
 
 これは私自身の自戒と反省でもあります。


 中国の孟子の言には
 
 
 「家に三声あり(三声あれば安泰なり)」
 
 
 とあります。
 
 三声とは、
 
 一、家族が働いている声や物音。
 二、赤ん坊の泣き声。
 三、読書の声のこと。
 
 
 その家族の安泰を築くための住宅環境が、
 いまの日本にあるといえるでしょうか。
 また、真の日本の住まいとは、どんなものを指すのでしょう。

 あるヨーロッパの友人はいいました。
 
 
 「日本には、千年の風雪にも耐え得る寺社仏閣が数多くある。
  これらは世界にも誇れる建築技術です。
  日本人はなぜこんな素晴らしいものを忘れてしまったのですか」


 考えてみると、昔の日本の住宅には、
 襖や障子、引戸など、家族の関係を優しく包む創意工夫が
 数多く見られます。
 
 そんな先達の知恵が残る空間には、
 孟子のいう「三声」が、ちゃんとあるではありませんか。

 ところが、その伝統技術を継承する者の高齢化が進み、
 大工の数は二十年間で、約三十万人も減少してしまいました。
 そこで、次代を担う立派な職人を育てたいと思い、
 大工育成塾をスタートさせたのです。
 
 開塾にあたり、国からは補助金を取り付け、
 受け入れ先の工務店を東京・大阪・福岡の三都市で
 百以上手配しました(二期目からは名古屋でも開塾)。

 職人気質の棟梁のもと、マンツーマンの指導を受けるのは、
 生易しいことではありません。
 
 技術的な指導はもちろん、挨拶の仕方や掃除の方法など、
 日常の居ずまいを徹底的に鍛え直させられます。
 
 さらに育成塾では、座学の講義も定期的に設けています。
 道具の名称に始まり、尺貫法、住まいの歴史、
 住宅構造の理論等を通じ、大工の世界を体系的に学ぶことで、
 建築に対する理解を深めます。

 講師役には、棟梁や大学教授、研究者のほか、
 私自身も教壇に立つことがあります。
 
 その際、塾生に向かってよく口にしているのは、
 
 
 「武士道の精神を持ったサムライたれ」
 
 
 ということです。

 昔のサムライは、すぐれた剣術の腕とともに、
 古典や歴史などの教養を幅広く身につけていました。
 
 そして立派な道徳観を持ち、
 正道を歩む術を心得ていたといいます。
 
 
 「職人の精神は、武士道の道徳につながる」
 
 
 が私の持論ですが、年間百人、十年間で千人のサムライを、
 塾を通じて育てたいと考えています。

 さて、今年で三期目を迎えた大工育成塾ですが、
 入塾面接でこのようにいった子がいました。


「何代にもわたって受け継がれていく住まいづくりでは、
 大勢の方を幸せにすることができます。
 その家づくりを私はしたいのです」


 この若者がいうように、私の考えるよい住まいとは、
 そこで健全な人格が形成され、
 家族の絆が育まれるような家のことです。
 
 すなわち、家づくりは人づくりにつながるのです。
 塾生たちには、サムライの刀を道具に替え、
 人の上に立つリーダーとなって、
 この国をつくる人間になってほしいと切に願っています。


いろいろな気づきがあります。
2011.11
06
CM:4

20:43
Category : マラソン
走ってきました!

今回はキツかった・・・(笑)



天気は曇りで後半少し雨がパラついただけで風もほとんどなく、
条件としては良かったです。それでも顔が日焼けしてヒリヒリしてますが。


「練習で走った距離は裏切らない」という言葉が身にしみました。
体重も79kgとすっかり元のような感じになってまってたのも負担が大きかったです。


前半はキロ6分後半で調子良く走り、なかなかイイ感じでいけるんではと思ってましたが、
15キロ手前でふくろはぎが吊りそうに・・・
20キロを過ぎる頃にはすっかり脚が消耗してました(涙)
吊らないようにストレッチと歩きを入れながら走り、何とか完走しました。

タイムは6時間12分。

不本意ではありますが、今の自分だとこんなものかと・・・
最後まで心折れず休みながらも走れましたので、そのへんは良かったなと。


過去2回のフルマラソンより疲労感が全然大きいです。
ということは、今あるい力を出し切れたのだとそれなりに納得してます。

今まで以上に沿道の応援に力を頂けました。

ありがとうございます。





来年の4月には早くも、とくしまマラソン2012年があります。

今回は練習の一部と思い大会まで練習を続けていければと思います。
あと体重減も。

新しく出来る東環状線道路を走る新ルートも楽しみですし、高橋尚子さんも来るので、
気合いをいれて、今度こそ5時間切りを目指せたら!!と今の段階では思ってます(笑)
(出れるかどうかの問題もありますが・・・)


今はしんどいですが、走るって気持ちいいですね。
2011.11
05
CM:2

20:54
Category : マラソン
4月の大会が震災の影響で延期され、

今回チャリティマラソンとして開催される、とくしまマラソン2011。



いよいよ明日です。

先月は100キロをなんとか走ったのみでまったく練習できてません。。。

タイムは置いといて楽しんで走ってきたいと思います。



あしたは雨の予報。寒いかな~?

運営の方は大変ですね。感謝です。