RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.09
26
CM:0

02:00
せきね耳鼻咽喉科医院の続きです。

いろいろと説明を加えてみようかと思いました。
(自分の考えたことをまとめる意味でも)


基本的には、建物全体に雨漏りがあり、それをまず防ぐということでした。

増築や改装を繰り返し、設備なども露出しごちゃごちゃしてた状態でしたので、
設備を全て整理し、新しい壁で全体で覆い、新しく屋根も掛けました。

seki-00.jpg

改装前の屋上。
使っていないセントラルヒーティング設備や設備小屋、痛んでいる手摺など全て撤去しました。
この上に木組をして屋根を全体に掛けました。





まずはアプローチ改装前です。

seki-01k.jpg

そして改装後。

sek-01.jpg

入口の建具はアルミ建具でしたが、木製の引戸に変えました。
壁の位置も若干中に入り、アプローチ幅+植栽スペースを確保してます。

スリッパ使用から土足使用にと変更になったので、内部の段差をなくし内部床全体を10cm下げて
新しくもうけた石張りのスロープがゆるやかに繋がるようにしてます。
木製ルーバーで外部からの視線もゆるやかに遮っています。

写真奥の壁タイル張りの部分は外部車庫と住宅アプローチでしたが、
新しく医院に取り込みました。
それによって住宅の玄関も変更しました。
アプローチの雨樋、メーターなどの設備を出さないように考慮してます。

オレンジの庇を駐車場側に向って跳ね出しました。




内部の待合い改装前。

sek-02_20120924104533.jpg

アングルは違いますが改装後。

sek-02.jpg

待合いのコンクリート階段は幅広でかなりの場所を取っていたので、30cmぐらい切断し、
見た目も重くならないように白い壁を巻込んでいます。

内部の外壁側全体に発泡ウレタンを吹き付け断熱処理して保温効果を高めてますが、
階段内部も同様にしヒートブリッジ(熱橋)を抑えるように考慮してます。

階段下はウレタンマットを敷きキッズコーナーとして利用します。

写真左は非耐力壁の一部を撤去し開口部を取ったことにより、
照明がなくてもかなり明るくなりました。


改装前、受付は診療室内にありました。

sek-03.png

改装後。

sek-03.jpg

右が待合いで左が受付。患者動線とスタッフ動線を明確に分けてます。
照明計画も患者側はやわらかな温かい光。スタッフ側は作業しやすい清潔なイメージの白い光。と分けてます。

診療所側は天井にLEDのライン照明を配置しています。

昼休みはパイプカーテンを閉めて待合いだけ開放するようになってます。

医院全体をできるだけ広々と感じれる様に開口部天井は遮らないようにして、
一体と感じられればと考えました。

sek-05.jpg

突き板の壁面が特徴的です。そのまま診療室のパーティションへと繋がっていきます。

写真の左側に手洗いとトイレがあります。


いろいろ思い出しながら書いてますが、
また気がついたことがあれば書き足します。
スポンサーサイト
2012.09
17
CM:0

17:39
リノベーションされた二軒屋の
『せきね耳鼻咽喉科医院』はすでに開院してます。

ホームページ → http://www11.ocn.ne.jp/~sekinent/

隣は新築の『にけんや薬局』こちらも同じく営業されてます。

すばらしい先生ですので、
ぜひ何かのときは、よろしくお願いいたします!!

seki1.jpg

seki2.jpg

写真は米津さんに撮って頂きました。

いい感じです。

また内部もアップしていきたいと思います。



2012.09
11
CM:0

21:36
Category : 建築
高校のときは、ここで部活の練習してたので懐かしいです。

IMG_2109.jpg

芝生と木陰が気持ちよ過ぎます。

IMG_2133.jpg

隣のプールにも娘と二人で2回ほど行きました。



朝晩涼しくなってきました。

さあ大阪マラソンに向けてがんばろう!

目標は4時間半以内!(大丈夫か?・・・)
2012.09
08
CM:0

04:55
Category : 旅行
hagi2-01.jpg

泊まったホテルは萩本陣。とてもお風呂が良かったです。
種類が沢山あって庭もきれいだったので朝、晩と入りました。



hagi2-02.jpg

町並み見学の前に時間があったので萩焼を見に行きました。

hagi2-03.jpg

萩焼の不思議な壁が・・・

hagi2-04.jpg

船倉の見学。

hagi2-05.jpg

中から。コンサートホールとしても活用してるそうです。

hagi2-06.jpg

浜崎伝建地区まちなみ見学。住んでるかたも説明してくださいました。

hagi2-07.jpg

民家のトップライト。3畳ぐらいの狭い部屋いっぱいに光が差し込んでました。

hagi2-08.jpg

ガイドさんがたくさん説明してくれました。

hagi2-9.jpg

帰りの道の駅にあった松陰記念館
松下村塾の再現です。




娘に買ったおみやげがコレ。

hagi2-10.jpg

渡すと、「しょーいん先生にあってきたん?」っと言われました!
ヨメに教えこまれたようでした^^;



2012.09
07
CM:0

05:33
Category : 旅行
前日の懇親会が盛り上がりなかな寝れませんでしたが、
次の日は5時に起き散歩に出かけました。


今回絶対に松陰神社には行こうと決めてました^^

hagiasa01.jpg

松陰神社で手を合わさせていただきました。

hagiasa02.jpg

松陰神社の敷地内に松下村塾があります。
ここから沢山の偉大な人物がでてます。



近所には伊藤博文の旧宅もあります。

hagiasa04.jpg

こちらもまだ朝早かったので空いてませんでした。

hagiasa03.jpg

伊藤博文像


hagiasa05.jpg

吉田松陰の叔父の玉木文之進の生家



そして山登りをして、吉田松陰の誕生の地へ。


萩のまちなみを一望できます。

hagiasa07.jpg

ここからの眺めを見ながら志を高めていったのかと、想いをはせると
胸が熱くなります。


hagiasa08.jpg

吉田松陰のお墓には綺麗な花が飾られてました。
線香をあげて、こちらにも手を合わさせていただきました。

hagiasa09.jpg

高杉晋作のお墓にも。ホンマ頑張ろう。



hagiasa10.jpg

重要文化財のある東光寺にも行きましたが、門が閉まってました・・・
入れませんでしたがきれいなアプローチです。


またいつか萩に来たいなと思いました。
2012.09
06
CM:0

05:58
Category : 旅行
こちらのも、だいぶ経ってますが、
建築士会の中四国のブロック大会がありまして、山口県、萩市に行ってました。

hagi1-01.jpg

会場近くにあった明倫館。もとは長州藩の藩校です。

hagi1-02.jpg

木造校舎、いいですね。この小学校の生徒は吉田松陰の言葉を暗唱できるそうです。

hagi1-03.jpg

こちらが会場。菊竹清訓氏設計。

hagi1-04.jpg

内部に各県のパネルを展示してました。

hagi1-06.jpg

徳島の発表。みごと1位でした!
僕はなにもお手伝い出来てませんでしたが、感動しました^^

hagi1-07.jpg

ホール空調吹き出し?

hagi1-08.jpg

ホール天井。照明デザイナー石井幹子氏。

hagi1-09.jpg

徳島のパネル。とても好評でした。

10hagi1-10.jpg

そして夜の懇親会。県外の方とたくさん交流できて楽しかったです。

2012.09
04
CM:0

22:57
Category : 建築
小さな家で豊かにくらす

建築家・伊礼智さんの本のタイトルですが、
設計に対する考え方が素晴らしく共感できる内容です。

・小さくまとめようとするには、必然的に無駄をしないように考える。
・小さな家は省資源・エコ、敷地に余裕ができて緑地スペースを取ることが出来て、
 微気候を整えることができる。
・小さな家はけして狭い家ではない。小さな家を広々みせることが設計の醍醐味。
・小さくすむことは決して貧乏たらしいということではない。必要なものとそうでないもの
 ・・・これからの生活を整理し、よく考え抜いて設計した結果。それはむしろ豊かさを生み出す。

などと書かれています。

身の丈に合わせた上質な小さな空間はとても居心地が
良く、やすらげる場所になると思います。
もちろん、余計なものは持たない努力は必要ですが。

建築するにあたっては、面積などを減らし、
かつ、同じ費用を掛けるコトが出来るなら、質を上げることができて、結果的に長持ちもします。

将来的にも考えると、メンテナンス費用や空調費用を抑えていけます。
掃除の手間、階段や廊下を歩く距離など小さな積み重ねですが
毎日の負荷を少なくしてくれます。

敷地いっぱいの大きな家より、緑に囲まれた小さな家のほうが
とても豊かに感じられるはずです。

この本にはほかにもたくさんのことが書かれてますので
オススメです。