RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.03
31
CM:0

00:05
Category : 日記
宮城の次は阪神・淡路大震災復興状況の視察です。
四国のJIAメンバーが集まってのバスツアーに参加させていただきました。

震災から19年たちます。僕はそのころは大阪の西淀川区に住んでいたので
強い揺れは経験してます。大変な状況でした。

hanshinS001.jpg

まずは元町のこうべまちづくり会館で復興事業の説明。

『災害時はいつものことしかできない』
仕組みづくりも大切だが緊急時は機能しないので、
それより日頃のコミュニケーションが大切。

・災害後 すぐに地元ルールの条例をつくる
・地元住民でまちづくり協議会をつくる(意見の集約)
・協議会があれば行政からの補助で専門家をやとうことができる
・協議会ではみんなの知恵を出し合う 居心地のいい「場」づくりが大切 Face to Face
・住まいるネット かけこみ寺的な相談所 コストも含めた間口/奥行による住宅型をつくる(スピード)
・眼にみえる展開 ガレキに花を ひまわりで表現した区画整理の予定道路
・仮換地・共同化などの手法
・生木は類焼に役に立つ
・街並み誘導型地区計画の活用
・狭い道路だった場所 まずは道路の中心を決めることが大切
・3つの権利(土地・建物・住んでいる人)すべてが違うところはタイヘン
・権利床 保留床の区分

阪神淡路大震災の教訓
 天→結い 個から全(個人から考える)コミュニティが大事
 地→領域 変化への対応(避難場所も普段行かないところには行かない)日常しかできない 歴史・文化
 人→3安(安全 安い 安易)人が自ら動く  眼に見えること

hanshinS002.jpg

ファサードだけ再現・補強して中は駐車場になってます。

hanshinS003.jpg

神戸ポートタワー付近の広場に移動

hanshinS004.jpg

神戸港震災メモリアルパーク 当時のまま保存されています。



鷹取に移動。ここはバスの中にデジカメ忘れてました・・・

大国公園は長田の密集した住宅街の真ん中にある公園です。
もとは廃寺がありましたが、公園に変わった直後震災にあい
避難場所として利用されました。
類焼を防いだ木々の皮は焼け剥がれましたが、年月とともに
表面の樹皮が巻込みもとの姿に戻ろうとしています。

地元住民で復興の中心に立った方のお話を伺いました。
まずはコミュニティをつくることが大切。復興は7,8年経ち日常に戻った。
次は美化を進めている治安を良くするためにも。
(長田人口10万人 7%が外国人 ベトナム人が多い)

そして次にカトリックたかとり教会
設計は最近「建築界のノーベル賞を受賞」とニュースで話題の坂茂氏
震災後に建てられ、既に台湾に移設された仮設聖堂も同氏の設計です。

神父さんのブログに2つの教会の簡単な説明(PDF)がありました。

http://phknd.tea-nifty.com/phknd/2009/06/post-fe42.html

教会の写真を後から廣瀬さんに頂きました。

hanshinS005.jpg

hanshinS006.jpg

次に続く
スポンサーサイト
2014.03
30
CM:0

23:59
Category : 日記
続きです。

新長田に移動。

hanshinS007.jpg

有名な鉄人28号巨大モニュメント。

hanshinS008.jpg

hanshinS009.jpg

hanshinS010.jpg

いたるところに三国志関連のものが。
三国志好きにはワクワクする場所です。

漫画家の故・横山光輝さんは神戸生まれで新長田にゆかりがあるので、
このようなまちおこしをされてます。

hanshinS011.jpg

新長田震災復興事業で賑わいのある街に生まれ変わっています。


御蔵に移動。

hanshinS012.jpg

震災の記憶を残す慰霊碑。

hanshinS013.jpg

方位の三角に天井から漏れる三角の光を合わせると、
震災で亡くなった方々が地図上にプロットされます。
仮設排水対策で災害にそなえた公園もありました。

北野に移動。

hanshinS014.jpg

外観だけですが、文化財である異人館の修理についてうかがいました。

hanshinS015.jpg

煙突はかなりの重量で震災で1階の床まで抜けたそうです。
ほとんどが日本瓦なのが若干の違和感がありました。鴟尾もついているし。。

hanshinS016.jpg

このようなテラスは日本にきてから建具を付け内部テラスに変化したそうです。

hanshinS017.jpg

移築復元された。コロニアルスタイルのスタバ。
以前に北京の故宮(世界遺産)に行った時に見た、故宮内のスタバもインパクトが大きかったですが。。

最後は美味しそうなワッフルなどのスイーツを求めておじさん達一行がオシャレな北野の街をまわりましたが、
どこも賑わっていて入ることが出来ず実現しませんでした(笑)

いろいろ盛りだくさんでとても学び多かったです。

震災から19年、災害跡を保存している場所以外は、まったくその気配を感じられず、
(住民の心の中にはもちろんあるのでしょうが)
ただただ都市や街が形成されていて、ある意味人間はすごいなと驚きました。
世界的な歴史によると、壊滅的にダメージを受けた都市は、再び整備されその10倍ぐらいになって
大きく再生するそうです。東日本は同じようには行かないかもしれませんが、
人間の力強さを感じた視察でもありました。

そして、
JIA兵庫の会長・前会長・前々会長・次期会長と(笑)
そうそうたるメンバーで案内頂いてありがたかったです。

長くなりましたが、レポートを書くために思い出しながらまとめました。
2014.03
23
CM:0

00:00
Category : 日記
先日、仙台に行った時に宮城の津波被災地に案内してもらいました。

まずは女川です。

IMG_3099.jpg

本当になにもかも飲み込んでしまったのだと実感し言葉を失いました。

転倒したRC造3階建物だけ残すようです。
ほかは瓦礫が除かれた土地が、ただ広がっています。

IMG_3102.jpg

これが震災直後の写真で、その建物は写真真ん中にあります。
(右の高台から僕は写真を撮ってます)

IMG_3115.jpg

普段はこのように穏やかで綺麗な海です。

自然の脅威と畏怖を感じます。

石巻 新北上川の河口より5kmにあった小学校です。
児童も多く亡くなりました。

IMG_3119.jpg

周辺には住宅が密集してましたがなにもありません。

IMG_3125.jpg

川沿いに構造物がつくられてましたが、その手摺の上まで津波が来たそうです。
すごくひらけた土地だったので、ここまでの高さになるのが信じられませんでした。

IMG_3127.jpg

南三陸の防災対策庁舎。
こちらはもうすぐ解体されるそうです。

IMG_3130.jpg

近くに復興商店街があります。

IMG_3132.jpg

そこでイクラ丼を頂きました。とてもボリュームがあって美味しかったです。
お土産も買って、少しだけですが地元にお金を落とさせてもらいました。



海岸沿いの一部をみての感想

瓦礫はほぼ無くなってましたが、範囲が広過ぎていろんなところも手つかずで、
どうなっていくのか?どうすればいいのか?の想像ができませんでした。
ダンプやショベルカーなど工事車両がとても多く。延々と動きつづけてました。

震災から3年経ちましたが、ほんとうに大きな災害だったのだと改めて感じました。
言葉や感情で表すのは難しいですが、なにかを学ぶことができればと思いました。

徳島も将来津波などの災害がおこる可能性があるので、
それにそなえることは本当に大切なことだと思いました。

あらためて・・・がんばろう日本!そして自分も!






2014.03
22
CM:0

21:25
Category : 住宅
先日地鎮祭を終えいよいよ工事がはじまります。

IMG_3549.jpg

久しぶりの新築住宅のような気がしますね。

長期優良住宅対応です。

しっかり良いものにしたいと思います。
2014.03
06
CM:0

00:11
Category : 建築
第24回 JIA建築市民講座:今こそ「地球環境と住」を考える
【地球と家と私と】-The Earth is My Home.

2020年には省エネ法が施行されたりと、今後は環境という
言葉がよりフォーカスされていくかと思います。
環境を考える上でなにかのきっかけになる講座だと思います。
入場無料ですのでゼヒ。楽しみです。


3月15日(土)
会場:四国大学交流プラザ 5階 フォーラムホール
     徳島市寺島本町2丁目35ー8

12:30 受付・開場
13:15 谷崎テトラ氏講演
14:40 新居照和氏講演
16:05 パネルディスカッション
17:00 終了予定

■ 谷崎テトラ Tetra Tanizaki
1964年静岡生まれ。多数の TV、ラジオ番組、出版を企画・構成するかたわら、 環境、社会貢献、ソーシャルメディアのハブとして活動。新しい価値観(パラダイムシフト)や、持続可能な社会への転換(ワールドシフト)の 発信者&コーディネーターとして活動中。また小説、アート、音楽などの表現活動にも積極的で、 小説「グラウンディングミュージック」は、サイケデリックノベルとして話題に。世界の聖地を巡りフィールドレコーディングした音楽作品やピアノ曲など多数 リリースしている。愛知県立芸術大学非常勤講師。一般社団法人ワールドシフトネットワーク代表理事。地球サミット2012Japan副代表。クラウド・ ガバメント・ラボ研究員。DPlab研究員。

■新居照和 Terukazu Nii
1954年徳島生まれ。建築家、一級 建築士。関西大学大学院修了、’79~’86年インド留学、建築家B.V.ドーシ、画家P.C.サグラの下で学ぶ。東京の建築設計事務所、沖縄の末吉栄三 計画研究室を経て、’91年ヴァサンティ・メノンと郷里、徳島で新居建築研究所を開設、現在に至る。人と自然との豊かな循環関係を再構築する空間を目指し て、地域に根ざした新しい建築の可能性を模索する。昨年、アジア18ヵ国の建築家協会が加盟するアジア建築評議会Green & Sustainable Architecture委員会に日本代表として参加する。日本建築学会2012年度作品選集、住宅生産連合会「環境に配慮した我が家」入賞ほか。四国大 学、阿南高専非常勤講師。


JIA-Earth-A4-Line.jpg
2014.03
05
CM:0

23:57
Category : 日記
関空! 国際線乗り場! レンゾ・ピアノ設計

IMG_2983.jpg

・・・といっても海外に行っていた訳ではなく、
徳島からの高速バスが4階に着いただけです(笑)



そこから連絡バスに乗り継ぎ、第二ターミナルに。

IMG_2984.jpg

初のピーチ(LCC)

IMG_2988.jpg

少し早めに取っていたので、関空〜仙台往復で1万円です!(手数料座席指定込み)
徳島〜関空の高速バス往復が8千円ぐらいなのでそんなに変わらないです。。

IMG_2996.jpg

感想としては、
徳島からだと乗り継ぎが悪い、機内が狭いなど多少不便な点もありますが、
この価格を考えると充分ありだと思います。
空港内だと無料Wi-Fiが使えるのはありがたかったです。


一応仕事ですが、ほとんど楽しんできました(笑)・・・そして学びも。

また仙台見聞録を書いていきたいと思います。
2014.03
05
CM:0

23:09
Category : 建築
文化財がらみで藍住にある正法寺に行きました。

syoubouzi03-.jpg
本堂(1855年建) 元は禅宗のお寺でしたが、途中から法華宗に変わりました。
残念ながら建物はもうすぐ立て替えされるそうです。

syoubouzi05.jpg
本堂内部は派手な装飾がされてます。

syoubouzi06.jpg
内陣の天井画

syoubouzi07.jpg
八方睨みの龍

syoubouzi08.jpg
蜂須賀の紋は時代が新しいほど太くなっているとか。
蜂須賀家は実はキリシタンで十字を隠すために卍にしたという説もあるそうです。
卍はお寺でよく使われているものですし、もともと蜂須賀家は「かしわ」の紋だったので。
ちなみに、卍は光がまんべんなく広がるという意味があるそうです。

syoubouzi10.jpg
敬台院の位牌。よくみると卍が逆になってます。

syoubouzi09.jpg
敬台院は家系図をたどると歴史上有名な人物とたくさん繋がっています。

syoubouzi11.jpg
敬台院画像

syoubouzi12.jpg
蜂須賀家の御用絵師 鈴木芙蓉などの掛け軸。

syoubouzi13.jpg
欄間のデザインも面白いです。

syoubouzi14.jpg
寄付されている方のなかに徳島出身の見覚えがある人が(笑)板野郡育ちのようです。


近所にこんなところがあったなんて全然しりませんでした。
説明してもらえると、興味が広がり楽しいです。