RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.11
28
CM:0

20:24
Category : 建築
もうすぐブログを始めて一年になります。

よく続いたものです。。。

そしてその記念すべき一番最初に書いた『投入堂』のことが
あらたにヤフーニュースの記事に載っていました。
懐かしいです。

nageiredou-2.jpg
命がけ参拝 断崖に建つ国宝「投入堂」へ 鳥取
高さ約100メートルの断崖に建つ三徳山三仏寺(みとくさんさんぶつじ)(鳥取県三朝町)の国宝「投入(なげいれ)堂」で14日、約60年ぶりとなる一般の特別参拝があった。約100倍の希望者から、応募時の作文と抽選で選ばれた3人の参拝者は、命綱を頼りに文字通り“命がけ”でよじ登り、念願を果たした。
 投入堂は昨年、開山1300年を記念して100年ぶりに修復され、堂内での落慶法要に、普段は立ち入り禁止の一般人の参拝を企画。行者姿の米田良中住職らとともに、札幌市の会社員、伊藤美子さん(29)、横浜市の大学院生、木下知威さん(30)、広島市の飲食店経営、岩島美枝子さん(60)の3人が、ほら貝の音に導かれながら約1キロの行者道を進んだ。
 投入堂の約15メートル下の岩場にたどり着くと、参拝者らはがけに張り付くように進み、約10分かけて投入堂にたどり着いた。伊藤さんは「迫ってくる投入堂の存在に圧倒された。登っている時は怖かったが、着いてから下を見ると、投入堂に守られているという安心感があった」と話していた。


僕が登ったときは当然建物に入ることができなかったので、
カナリ羨ましいです。
いつか建物内や境内からの絶景を見てみたいです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント