RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02
09
CM:0

03:47
Category : 建築
horikata1.jpg

やっと鉄骨3階建ての住宅が着工してます。
地鎮祭も終えて、掘り方してます。

「ここの基礎ってこんなに大きいんやなぁ~」と
基礎屋さんの職人さんが驚いてました。


建築基準法改正により構造基準が厳しくなりましたが、
まだきちんと整備されてなくて、
実務にきちんと対応できていません。

構造設計屋さんは「こんな悪法つくりやがって!!」と怒ってました。
実際、社会経済にも大きな影響を与えています。
いまでも基準が定まらず変わっているみたいです。

今回は大きな規模ではなかったので、適合判定をしなくてもよかったのが、
まだ幸いしました(しないでいい様に設計を合わせました)。
適合判定は余分に20万ぐらい掛かるそうで、日数も余分に掛かり
それらが、お施主さまの負担となります。


確認申請自体も改正され少しのミスでも出し直しになり
(どこかは間違えるし、解釈の違いもあったりするので、
ミスなしでは絶対無理です)、
費用も新たに必要になりますが、
今のところ、事前審査という形で出し直しにならないようには、
役所のほうが対応してくれてます。

昔に比べてどんどん法律でがんじがらめになり、
確認申請業務が煩雑になっていってます。
「24時間換気、製品カタログ、金物の計算(木造)、火災報知器、免許証など」
どんどん付けないといけないものも増えていって、重装備になっていきます。
今の法律では伝統的な土壁の工法の木造住宅が建てにくくなってる
と思うのですが、実際はどうなんでしょうか?

ホント確認申請を出すまでが、なかなかでした。

でもまあ、しっかりと現場に通って監理したいです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。