RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.02
29
CM:2

20:41
Category : 建築
徳島市役所1Fホールで都市デザインセミナーとワークショップがありました。
以前から景観についての議論はずっとされてましたが、
このたび徳島建築士会の若手の建築士中心に、
ひょうたん島についてのセミナーなどが行なわれています。

ちなみにひょうたん島とは?
徳島駅をほぼ中心に上空から撮影すると、
新町川などの川が一周ぐるっと取り囲んでいて、その川をなぞると、
ひょうたんの形をしています(ミドリムシみたいにも見えます)
そこで『ひょうたん島』と名付けられています。

ひょっこりひょうたん島とは関係ありません。

hyoutannzima2.jpg
(ひょうたん島の上に見えているのが吉野川、左が眉山、真ん中の黒いのが城山です。)


川を生かした景観、まちづくりをしていこうという主旨です。
地元市民に向けた周遊の乗船会やセミナー、ワークショップなどが開催されてましたが、
なかなか参加することが出来ずにやっと2回目の参加です。

何回か行なわれた乗船会で、良かった景観、悪かった景観など意見を求め
それについて検討をしています。

hyoutannzima1.jpg
検討する上で、川からみた建物や植栽などを立面におこしたり、
模型をつくったりもしていました。


今までの流れ、結果、他の県の取り組みなどの説明を聞いて4班に分かれて、
「景観まちづくりのための基本的なルールをつくる」のを目的に
話し合いました。

hyoutannzima3.jpg

いろいろな意見がでましたが、


個人的には、

やっぱり整備ありきではなく、もっと目線を川に向ける必要があるのだと思いました。
魅力ある川でないと。。

水面近くに下りれる階段が沢山あって、
水上バスやマイカヌー、屋台舟、水上カフェで川が賑わい、
イベントなどを行なったりと、
(ボードウォーク、パラソルショップなどとの連携)
もっと市民が川に親しむような魅力的な試みがいるのではと感じました。

川沿いに植栽を植えたりすることも大切です。
ですが行政だけでは限界があります。
市民がもっと川を見て、逆に川から見られていると感じ自発的に緑化したりして、
ヨーロッパの都市部のように川沿いに住むことがステイタスとなるように
意識を変えていくことが景観をよくしていくことではないかと思います。
その為には行政のフトコロの深さも必要です。

『川を楽しむ』そんな感じになればいいと思いました。


来年には中心部を離れますが、少しでも中心地が賑わい、
徳島市が元気になればいいと願っています。
それが長年住んできた恩返しにもなるとも思ってます。
少しでも役に立てるように活動していきたいです。


徳島の中心部を、どげんとせんといかん!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

農村景観の計画検討とかは仕事上
よく話すのですが,アーバンデザインは
なかなか難しい&興味深くあります。
徳島は良くも悪くも「水の都」ですから,
確かに川を活かしたインフラ,施設整備は
大事だなあと思います。まあ街中の開発の
難しさは徳島の人間性故かなとか思いつつ(苦笑)。

ホント徳島が良くなってほしいです。

農村景観もおもしろそうやね。
またイロイロ教えてください。