RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05
20
CM:4

22:38
Category : 建築
最近見学会つづきでしたが、今日も勉強させていただきました。

まずは、

以前にお世話になっていた中川建築デザイン室の大先輩でもある、
鳥羽さん設計「らせん階段のいえ」の構造見学会です。

rasenKnoie.jpg

密集した住宅街での木造3階建ての住宅で、
SE工法という、木造だけど鉄骨造のような考え方の構造です。
名前のとおり家の中心に らせん階段が据わり、
トップライトから光が降り注いでいます。

図面もみせてもらいましたが、とても細かい所まできれいに書き込んでいて、
すごく見やすかったです。
また現場が進むのを邪魔にならない範囲で
ちょくちょく見せてもらえれば・・と思ってます。
ありがとうございました。



そして、

建築士会でお世話になっているお二人。
開さん設計、城南建装 関口さん施工の
「cozy cozy hair」完成見学会にも行きました。

COZY COZY HAIR

実は見学会の期間は過ぎてましたが、もしかしたらまだ見えるかもと行くと、
お二人がいて、快くみせていただきました。感謝です。
こちらも木造ですが、
内部の広がりを感じさせるような工夫がいたるところにありました。


いろいろな考え方の建物を見るのはとても勉強になります。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

自分では気付かない事もたくさんあります。
またいろんな意見を聞かせてください。
先日はわざわざ来て頂きありがとうございました。

>とばさん
いままで設計されたものはいくつか見させていただきましたが、
いつも全体がすっきりとコントロールされていると感じています。
本当にありがとうございました。

螺旋階段の支柱が親柱の役割を果たしてるんでしょうか?
ちょっとSE工法について検索してみましたが,安全性と
空間の広がりを並立できるという点で,興味津々です。

>Rurbanくん
階段の支柱柱脚は基礎の上にアンカーで固定して、上部は各階で留めていました。
SE工法は木造でも比較的大きな空間が取れるのが魅力です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。