RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.02
08
CM:0

00:54
Category : 建築
taisingisou.jpg

一連の耐震偽装問題に続き、またもや建築業界の不祥事が起こってます。
いままでの意匠設計者は構造計算書にはほぼノータッチで
意匠図と構造図の関係、整合性のみのチェックでした。
なぜかというと設計事務所といっても意匠と構造と設備はそれぞれの設計事務所が
あるぐらい専門的で分野が違います。
(ちなみに姉歯氏は構造事務所)
それに構造計算ソフトで計算しているのだから、間違いないのであろうという安心感で、
ある意味で任せきりでした。
(法的に一般の木造2階建て住宅程度では計算書までは必要とされてません)

でもこれからの意匠設計者は構造、設備の詳しい知識を得て、
不正のないようにプロとしての意識をもっていかなければならないと思います。
身の引き締まる出来事です。
ただ耐震偽装は過度なコスト削減のある、
デベロッパー主体のマンションなどにおこりうる
ものだという考えもあって、一般住宅やクライアントと設計者の立場が明確な場合、
偽造をしてまで建てるというメリットはまったくないと思います。
それこそ信用問題ですから。

今後新たに、構造設計一級建築士と設備設計一級建築士という資格ができそうです。
ある一定の規模以上に必要になります。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント