RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2008.05
31
CM:0

23:30
Category : 未分類
『代表的日本人』という内村鑑三著の本があります。
(西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮上人 の5人)
少し前に出発した青年塾の課題図書でした。

その中の1人、中江藤樹の教えが

「職場の教養」という冊子に載っていたので一部転載します。

中江藤樹は江戸初期の儒学者として日本の陽明学の祖といわれています。
「近江聖人」とよばれていて人々に多大な影響を与えました。
今年が生誕400年です。

その教えの一つ
『五事を正す』
五事とは貌(ぼう)・言・視・聴・思です

貌: 愛敬の心をこめてやさしく和やかな顔つきで人と接する
言: 相手に気持ちよく受け入れられるような話し方を心がける
視: 愛と敬の念で温かく人を見、物を見るようにする
聴: 話す人の気持ちになって相手の話しを聞くようにする
思: 深い愛情をもって相手を理解し、思いやりの心をかける

というものです。

昔の教えですが学ぶ点はたくさんあります。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント