RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.03
03
CM:2

07:35
Category : 高松のいえ
先週末に無事見学会を終えました。

たくさんの方に見て頂きありがたかったです。
徳島からお越しいただいた方もたくさんいて、うれしかったです。

見学会を開催させていただいた、お施主さま、
協力していただいた、誉建設さんやGARDENSさんにも本当に感謝です。


住宅は、

住まわれる方の生活スタイルや考え方・価値観によって、同じ構成の住宅でも
カタチやデザインも変わっていきます。

そのあたりをすべて、ご紹介は出来ませんので・・・想像してみてください(笑)


今回のテーマは中庭とのつながりです。

Ntunagari-01.jpg

居間と中庭のつながりです。
居間と中庭の床面レベルは、ほぼ一緒で板の目地も揃えています。
中庭空間を室内空間に取り込めるように考えました。

こちらの家族は基本的に床に座って生活されるということで、ソファーなどは置かず、
大きなテーブルにみんなが集まります。
それと、「和」の要素を取り入れたいということでした。
内部に梁を見せたいというリクエストもありました。

その梁を利用してチェアー型ハンモックを。


Ntunagari-02.jpg

中庭に出ると、シンボルツリーのモミジ。

モミジは落葉樹なので、
夏は緑が生い茂り、日射しを遮り、
冬は落葉し日射しを目一杯取り込む。

南側の開口部付近に落葉樹を植えると日射しのコントロールができます。


秋の紅葉が楽しみですね。


中庭は外からの視線がまったく入らず、プライベート空間となってます。
壁面の板は互い違いになってるので風は流れます。

あと、板上部が一部空いているのは、
室内に立っての目線が、外の水平線を見渡せるようにして、
開放的に感じてもらうためです。
外部(道路面)からだと床高が下がり、
視点がずれて中を見ることはできません。

もう一つの方向はなぜ無いかというと、外庭に下りる階段があるので、
その上に乗れば見えそうだからです。


Ntunagari-03.jpg

引き戸を開けると、外庭につながります。

外庭はさまざまな植栽・芝生・家庭菜園コーナーがあります。

Ntunagari-04.jpg

2階のバルコニーを見上げると深い軒が掛かっている部分があります。(約2.6m)

ハンモックは室内外どちらにも簡単にぶら下げることができます。
外でも小雨程度なら全然平気です。

1階、2階のほかの居室も中庭につながっています。

Ntunagari-05.jpg

バルコニーから中庭を見下げてます。

Ntunagari-06.jpg

引き戸を開けてると外庭とつながります。

Ntunagari-07.jpg

バルコニーから見た、中庭と居間のつながり。

中庭につながることにより、いろんな視点が楽しめ、
空間に広がりを感じられるようになりました。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

すてきなおうちですね☆
説明を読ませて頂くと更にすてき!
細部にまで気配りされている島田さんの建物は、家族にたくさんの笑顔を運んできてくれますね。
お仕事おつかれさまでした

>sonoさん
ありがとうございます☆
やはり写真を見るだけでは、なかなか意図が伝わらないのかなぁと
思いまして・・
今回お施主さんの了解もいただけましたので、
説明も少しだけお伝えしようと思いました。
いろいろと話し合いを重ねることによって今のカタチになりました。