RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07
27
CM:0

23:30
Category : 建築
今日、阿波のまちなみ研究会主催の
『木造建築物の腐朽・虫害とその診断方法』という講演会に参加してきました。



実は、まちなみ研究会に所属していますが、
幽霊会員になりつつあります。。。

また参加します!!





まずはシロアリ。

分類上、シロアリはアリ類ではなく、ゴキブリに近いそうです!

徳島に生息するのは主にイエシロアリとヤマトシロアリ。

見分け方・住宅被害の状況・進入手段と経路・特徴など
写真を見ながらでしたのでとてもわかり易かったです。理解が深まりました。


住宅にとっては害虫でも、森林環境では益虫というのが印象的でした。





そして木材腐朽菌。

こちらはあまり注目したことがありませんでしたが、とても興味深かったです。

菌はどこでもいるもので、醗酵などに使えばプラス。カビや腐朽となればマイナス。
視点によって価値も変わってきます。(もちろん同じ菌ではないでしょうけど)

こちらも腐朽のしくみや状態などを写真でわかり易く説明していただきました。
腐朽具合によっては繊維破壊して、かなりの強度低下となります。




二つともにいえることですが、一番のポイントは水分のようです。
(アメリカカンザイシロアリなどの例外はあります)


水分が入らなく結露しない環境にすることが大切です。

過度な室内外の温度差はどこかに結露のリスクが
あると思いますので、できるだけエアコンなどの設定は控えめに・・・
自然にやさしい生活をするのも大切かと。




木造建物の2大生物劣化についてとても勉強になりました。

(あとはキクイムシなどの甲虫類の被害もありますが)




一般の家もそうですが、
文化財などの調査していく上でもとても必要なことだと思いますので、
学ぶことができて良かったです。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。