RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.12
07
CM:0

22:11
Category : 建築
長々と書いてきましたが、最後です。
UIA見聞録。


基調講演2「サスティナブルな幸福な社会のための建築」
ブータン王国首相 ジグメ・ティンレー氏

(ブータン国王が来日してるうちにタイムリーにアップしようかと思ってましたが・・・)


IMG_8982.jpg

第4代国王が提唱 GNH(Gross National Happiness=国民総幸福)
環境保護 持続可能な建築
建築という職業 職能にプライドをもつ
クリエイティブ 尊敬 勇敢・大胆に変えていける 技術を使ってつくり出す
命や社会がかたどられる 要(カナメ)である
物語の語り部 変化・希望・破壊と再生
今は物質的な富を追い求めすぎている 自然を破壊している 資源の枯渇
環境破壊 経済
 → 凄まじい変貌 異常気象 災害
   昔の知恵が生かされなくなっている 全てを失う
   氷は溶けて 有害なものが
   すべてがバラバラに
   水を巡る紛争となる
   民主化でも不平等 腐敗 →物質的な繁栄を追及しすぎた結果
昔からの文化や知恵が大切
困難なときのために富を蓄えておく それ以上は必要ない
あさはかな夢の実現のためではない
市場の奴隷になっている 欲にかられている
生活を変え価値観を変える

ブータン王国について書いてるのをリンクさせてもらいます。
  ↓
http://www.bhutan-retreat.com/about-kingdom-of-bhutan/
http://chibichan931.blog106.fc2.com/blog-entry-1947.html

GNHは4つの柱を基に実践
1.持続可能で公正な社会経済開発
2.自然環境の保全
3.伝統文化の保護と振興
4.優れた統治力

9つの構成要素
1.所得の配分
2.幸福の・・  とかいろいろありましたがメモしきれず(汗)

生活を人生をデザイン 建築になにを語らせたいのか?
建築の大化 創造物?
建築家の役割は?
時間を超えることが出来る?
どのような理解を得られるか?
グリーンアイデアを反映しているか?謙虚に昔の知恵を生かされているか?
エネルギー危機に対してエネルギー依存度を軽減できているか?
将来の世代は建築を見て、環境責任を果たしていると認めてくれるか?
健全な環境を作ったと認めてくれるか?基盤の基準が評価されるか?
自然の攻撃を逆行させるのか?
フードマイル、自給自足
マイカーがいらない時代 クラスタ 家と仕事が
ソフトを呼び起こす
ストーリー 生き方
すべての生きてるものが・・・

などさまざまな投げかけを頂き、すごく考えさせられました。

最初と最後に深くおじぎをされていました。
話しを聴かせていただくほどに素晴らしい方だなと思いました。




続いて、
セントラル硝子国際建築設計競技の公開審査

IMG_8996.jpg

審査委員には
山本理顕氏 芦原太朗JIA会長 内藤廣氏 隈研吾氏 クリストフ・インゲンホーフェン氏ほか
そうそうたるメンバーでした。

審査委員の視点や考え方がそれぞれで、面白かったです。



最後は、

基調講演3
槇文彦氏「日本の近代:言語、風景、集い」

IMG_9013.jpg

言葉と建築の結びつきは強い 日本語は漢字とかな
理性と感性をフィードバックしながら設計
同時に持ちながら

スパイラル(青山) モダニズムのアイコン
日本の建築 外は違うがインテリアは共通したものがある
宗教軸 日本は山の上 西洋は街の中


風の丘葬祭場のスライドを流しながら説明

日本的 奥になにかあるのでは 自然にも神様
ドアでなくスクリーンで次に行く暗示
光と空間の関係がそれぞれちがう

アルド・ロッシは東京駅から皇居の緑がみえるのが気に入っていた。


・・・最後まで聴きたかったのですが、
集合時間があったので先に出ました。


以上を終え、電車を乗り継ぎ最終便の飛行機で徳島に。



ながながと書きましたが、
どんな内容だったか振り返ることができました。


盛りだくさん過ぎる内容でしたが、しっかりと消化し活かしたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント