RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12
22
CM:0

10:34
Category : 建築
気がつけばもう今年もわずかとなりました!

最近ほとんど完成見学会や勉強会などに参加できてませんでしたが、
傾斜地建築の基礎についての勉強会があり、興味を持ったので参加させていただきました。

まずは地質のお話。徳大の上野先生。

・おねの先端など竹の生えやすい場所には水が多い
・砂の特性として少ない水だと粘着するが、多くなると摩擦がなくなる
・砂の安息角(安定する勾配)30°前後 砂質による
・五行思想をみても土と水の相性が悪いと古の人も知っていた
・地盤の水位を上げないように
・木の根曲がり→ゆっくり地盤がずれている場所も
・杉の生育が悪い→滑落地の場合も

IMG_5840.jpg

IMG_5841.jpg

IMG_5847.jpg

IMG_5851.jpg


そして、
構造で全国的に有名な山辺先生のお話。

IMG_5854.jpg

・地盤を知る→地域の人に聞く・役所・現地調査
  土地は建物だけでは対応できない
・液状化対策には砂の密度を上げる・水の抜け道をつくる
・排水計画で水の流れを計画
・水によって土圧が変化する

あとは実際の計画案にもとづいた考え方など教えて頂きました。


構造の専門の方がどのように考えているのか知りたかったので
とても勉強になりました。



実は山辺先生のDVDを前から持っていますが、合計8時間以上もあるので、
まだまったくみてません。。。

IMG_5874.jpg

これを期に少しずつみていきます!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。