RSS
Admin
Archives

しまだ見聞録

 住宅、建築などを中心とした趣味の日記です。(しまだ建築設計室 メールはコチラへ→ smd_i@yahoo.co.jp HPはコチラです→http://shimadesign.web.fc2.com/)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03
31
CM:0

00:05
Category : 日記
宮城の次は阪神・淡路大震災復興状況の視察です。
四国のJIAメンバーが集まってのバスツアーに参加させていただきました。

震災から19年たちます。僕はそのころは大阪の西淀川区に住んでいたので
強い揺れは経験してます。大変な状況でした。

hanshinS001.jpg

まずは元町のこうべまちづくり会館で復興事業の説明。

『災害時はいつものことしかできない』
仕組みづくりも大切だが緊急時は機能しないので、
それより日頃のコミュニケーションが大切。

・災害後 すぐに地元ルールの条例をつくる
・地元住民でまちづくり協議会をつくる(意見の集約)
・協議会があれば行政からの補助で専門家をやとうことができる
・協議会ではみんなの知恵を出し合う 居心地のいい「場」づくりが大切 Face to Face
・住まいるネット かけこみ寺的な相談所 コストも含めた間口/奥行による住宅型をつくる(スピード)
・眼にみえる展開 ガレキに花を ひまわりで表現した区画整理の予定道路
・仮換地・共同化などの手法
・生木は類焼に役に立つ
・街並み誘導型地区計画の活用
・狭い道路だった場所 まずは道路の中心を決めることが大切
・3つの権利(土地・建物・住んでいる人)すべてが違うところはタイヘン
・権利床 保留床の区分

阪神淡路大震災の教訓
 天→結い 個から全(個人から考える)コミュニティが大事
 地→領域 変化への対応(避難場所も普段行かないところには行かない)日常しかできない 歴史・文化
 人→3安(安全 安い 安易)人が自ら動く  眼に見えること

hanshinS002.jpg

ファサードだけ再現・補強して中は駐車場になってます。

hanshinS003.jpg

神戸ポートタワー付近の広場に移動

hanshinS004.jpg

神戸港震災メモリアルパーク 当時のまま保存されています。



鷹取に移動。ここはバスの中にデジカメ忘れてました・・・

大国公園は長田の密集した住宅街の真ん中にある公園です。
もとは廃寺がありましたが、公園に変わった直後震災にあい
避難場所として利用されました。
類焼を防いだ木々の皮は焼け剥がれましたが、年月とともに
表面の樹皮が巻込みもとの姿に戻ろうとしています。

地元住民で復興の中心に立った方のお話を伺いました。
まずはコミュニティをつくることが大切。復興は7,8年経ち日常に戻った。
次は美化を進めている治安を良くするためにも。
(長田人口10万人 7%が外国人 ベトナム人が多い)

そして次にカトリックたかとり教会
設計は最近「建築界のノーベル賞を受賞」とニュースで話題の坂茂氏
震災後に建てられ、既に台湾に移設された仮設聖堂も同氏の設計です。

神父さんのブログに2つの教会の簡単な説明(PDF)がありました。

http://phknd.tea-nifty.com/phknd/2009/06/post-fe42.html

教会の写真を後から廣瀬さんに頂きました。

hanshinS005.jpg

hanshinS006.jpg

次に続く
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。